title

以前の一言はこちら→ older


Q&A RECORDS トップページへ



to_kanpaku



どの日に突っ込む? 突っ込みの言葉



■ 2021年 先月 来月→

1月14日

 爽やかな香りあふれる、関白からの贈り物。
私が関白である


 コロナである。現時点で見る東京の実行再生産数は急激な下降を続け、もう1.0を割り込もうとしておる。東京都民皆の努力が実を結ぼうとしておる訳で、喜ばしい。石川県も東京ほどの減少カーブを描いてはおらんものの同様に減る傾向ではあるが、数値は東京とほぼ変わらない。東京よりはちょっと少ないものの、元から陽性者数が少ない地域であると、陽性者がちょっと増えただけで東京を超える事もある。全国の比較はこのページで、プルダウンで都道府県を切り替えて見るといいだろう。残念ながら神奈川、北海道はまだちょっと高く、特に神奈川はまだちょっと減る傾向が少ない。

 1/8に書いた、Googleの予測によるピークは1/14で、その日の罹患者はおよそ九千人、という予測は幸いな事に外れた。Googleのページも値は既に下の方に書き換えられた。しかし、しかしである。Googleはここでちょっと下がった後、また上昇するという予測をしておる。油断はできない。今後も、カラオケや成人式後の飲み会でクラスターを起こすなど、いつまで経っても問題が減らない石川県のたるみ具合に厳しい目を向け、罹患者を減らしていかねばならない。

 では関白は帰るぞ。


1月13日

 サクッふわっの美味しさ。
私が関白である


 新宿京王デパートで駅弁大会が開催されておる事は本紙既報の通りだが、東洋経済にその舞台裏の話しが掲載されておった。当たり前に開催されておったから何も思っておらんかったけど、舞台裏ではこんな話しがあったのである。
その中で、それぞれの駅弁業者は地元に帰ると自主的に2週間の隔離に入るという。地方の偏見というものはここまでかと思うものじゃ。というのは、いま一番気を付けなければならないのは家庭内感染であるからである。

 さて、緊急事態宣言が出て少し経つが、居酒屋に与える影響は少なくないようで、関白のよく行く矢口の、そして駅前の庄屋が来週から休業してしまうと言う。駅は月曜から木曜までなのでまだいいとして、庄屋は月曜から緊急事態宣言が開ける2/7まで休むらしい。庄屋はまたランチ営業が復活しておったというのに、前回のランチも評価が高かったというのに、残念である。
緊急事態宣言も本当に2/7限りかも分からん。春節に入るから政府は意地でも解除するだろうし、もしそうでなければ今夏に延びたオリンピックも、再延期または中止となる可能性が高い。注視しておかねばならぬ。

 では関白は帰るぞ。


1月12日

 関白 希少糖入り。
私が関白である


 関白邸では12月頃から、コタツ及びポットの運用を開始しておる。最近寒くなって、昼も外食ではなく部屋にあるレトルトご飯、カップラーメンという組み合わせを基本に何か簡単なおかず、という事も多くなった。
そういえばチャンポンメンのストックが切れておる。スガキヤのラーメンはタマにローソンストア100に入ってくる事もあるが、チャンポンメンはそういうものではない。当然にタラコの缶詰も、大事に取っておいたあと一缶を残すのみじゃ。缶詰は年単位で持つし、最悪銀座の石川県ショップに行けば置いてあるかも知れん。
そうは言ってもももも邸においてはいつもゆみゆみが関白邸の食料品の在庫の心配をしておる事だろう。一応現時点でチャンポンメンとタラコの缶詰は足りていないと伝えるものである。電話でもした方がいいのだろうか。
しかし、いちいちそれもなんというか美しくない。例えば「賛美歌13番」をラジオにリクエストするとか、「G13型トラクター求む」の新聞広告を出すとかしたら、金沢からチャンポンメンやタラコの缶詰、天狗舞などが送られてくると言うのがエレガントでよさそうじゃ。

 いつもならゆみももは関白の栄養を心配し、「関白さん、金沢でおいしいお寿司でも食べましょ!」と言ってくれると思うのだが、コロナで過敏になった田舎社会ではそうもいかんのかも知れん。

 では関白は帰るぞ。


1月11日

 酵素化した温関白がギュっ!と濃縮!!
私が関白である


 そういえば、ももも邸の正月はどうだったのだろう。

ももも「たくさんお年玉もらいました!

 うむ、関白も速攻で渡しに行かねばなるまいな。

 時にパックマンである。世界的にヒットした有名ゲームで、各種プラットフォームに移植された。そのうち、ファミコン版のように画面レイアウトが違うものはまだともかくとして、オリジナルと画面構成が同じとしているものについての話しだが、初期のものはアーケード版で使えたパターンが使えなくなっておった。但しエミュレータで動作しておるものはアーケード版と同様にパターンが使える。それらはなぜかというとパックマンの乱数生成に秘密がある。アーケード版を解析してみると、乱数はROMの値を読み出して生成しておる事が分かった。よって目コピで独自に組んだものはパターンが使えなくなっておったのだけれども、それが分かった後はプログラムの中にアーケード版のROMイメージを持つようになって問題は解決された。エミュレータ版の場合は自身がアーケード版そのものだから、問題なかったのである。

 では関白は帰るぞ。


1月10日

 ぎゅっと関白。
私が関白である


 先週から既に、新宿の京王デパートで恒例の駅弁大会が始まっておる。しかしいつもならば毎日のように新宿に行くものの、緊急事態宣言も出されておる中であり、授業でもないと新宿までは行かない。どのようにしたらいいのだろう。

 しかし今回の緊急事態宣言は、そのデパートや映画館も休みになる訳でもなく、学校も立ち入り禁止にもならず、飲食店が早く閉まるくらいである。一応うちの学校では教員は20時までの校舎退出厳守だし、基本テレワーク勤務となるが、これでどれくらいの効果があるのだろうか。

もももの父「関白、弊社におきましては私にテレワークはありませぬ

 会社に近いからだな。同じ町内に会社があるとそうなるのだろうか。役員もツラいものである。
もしくはネット環境がないかだが、そういえば彦三は最近NTTの局舎が取り壊されたと聞く。彦三からネット環境が消えたとしても、それも有り得る事だろう。

 では関白は帰るぞ。


1月9日

 関白ごろっと朝から満足。
私が関白である


 書き忘れていたが、ゆみももからの誕生日プレゼント、通常「愛のセーター」を、寒くなった12月から実戦投入しておる。しかしゆみももは、関白がJDの視線を一身に集める事に、何らの気持ちも持たないのだろうか。

 さて東京は、緊急事態宣言以降も人が相変わらず出歩いているんですよ、という事を言うために、よく品川駅コンコースが使われる。しかし混雑は作れる。望遠レンズで撮れば圧縮効果で奥のものが手前に詰まって見える。理屈としてはこうで、このために奥に長くて人がそれなりに通る品川駅コンコースは都合がいい。要するにテレビは、人の出は止まらないんですよ。困りましたね~、みたいなように、混雑しているという風に思わせておる。視聴者を都合よくダマしておるのである。テレビはどうしてこんなに馬鹿なのか。いい加減このような報道は止めて欲しいものである。

 では関白は帰るぞ。


1月8日

 季節の関白を厳選して使用。
私が関白である


 この週末はだいぶん冷える。金沢でも大雪だと聞く。おそらくこのあたりが寒さのピークなのだろう。そんな中、本日から1都3県に対して緊急事態宣言が発出された。昨日の罹患者は2,500人に迫り、飲食店の20時までの営業と、酒類の19時までの提供の制限が始まる。これは2/7までである。時短や休業に応じた店舗には一日当たり6万の協力金を支払うが、それ以外の業種では時短要請はしても協力金はない。結果として映画館では時短に応じないようである。大学もそのままだが、対面授業を行っておる大学ではその縮小が行われておる。

 どこまで罹患者は増えるのだろう。現時点のGoogleの予測において、東京では1/14がピークでその日の罹患者はおよそ九千人とされる。ここまで、実際にはこれよりも低い数字で推移しておるけれども、おおまかな傾向としてはそう外しておる訳ではない。興味深いのは石川県のピークが1/5となっておる事である。これをどう見たらいいのだろう。

 では東京は危険なのかというと、絶対値的な人数はあるけれども、死亡率は低い。これはこれまでの患者が多い事で対処ノウハウが集まっておるからである。病床さえ確保できれば、東京の方が安全かも知れぬ。

 時短営業の強制はいいとして、これは経済支援とセットで考えなければならない。それは単に店舗への支援だけではない。そこに納品する業者、生産者についても考慮が必要で、もちろん国民に対してもそうである。であるのであまねく補助金を配るのがよい。月当たり、一人当たりで30万くらい配ってもいいのではないか。原資は臨時国債の発行で賄えばいい。国債はそのまま日銀が買っても、世界的な情勢から許される事だろう。事態は逼迫しておる。菅政権は、財務相をひっぱたいてでも直ちに行って欲しい。

 では関白は帰るぞ。


1月7日

 さぁ、今日は、どの関白?
私が関白である


 昨日、今年始めて新宿に赴いたのだが、昨春以来新宿に通うようになると、新宿のよき食事処を探す事になる。そうなると20代の頃新宿に来て、空腹を満たしていた店の事が思い出される。
そのうちの一軒は、新宿の地下街にあった「ロビン」である。HSPの作者であるオニオン氏に教えてもらった店だが、しかしもうその場所にはなく、幾度かの移転を経てここにある店舗が一番新しい情報のようである。代替わりしておるかも知れんな。
もう一軒は、新宿コマ劇にあった「フライキッチン峰」である。コマ劇に出る演者さんたちもよく使ったと聞くが、関白もここでトンカツをよく食していたような覚えがある。コマ劇の改装と共に閉店したのだけれども、に情報がちょっとあった。こちらは移転でもなく単に閉店しておるようであった。
見て分かる通り、どちらも盛りが多かったり、おかわりが自由だったり、腹を膨らますのに十分な店であった。今ではそこまで量は食えぬけれども、また食べたいと思うものである。

 20代の頃ではないが、天狗舞の直営店だったような店も西新宿にあった。こちらもとうに閉店しているようであるが、こんな店であった。その後移転したと聞いたが、そこも今では閉まっておるようである。残念であるのぅ。

 では関白は帰るぞ。


1月6日

 果実感あふれる贅沢な関白。
私が関白である


 今年は一昨日に初詣に赴いた。いつもの川崎大師である。川崎から京急の大師線に乗る。仕事始めの平日月曜だからか混んでおらず席に座れ、15時に駅に降り立った。今年この日は交通規制ナシ。車があちらからこちらから来ておる。沿道の屋台は多少減っておるながらも出ており、狭い歩道を歩かされる。しかし着いても直接仲見世通りに入る事はできず、大回りさせられてしまう。これは密度を下げる意味もあるのだろう。分散参拝の呼びかけが功を奏しておるのか、すぐお賽銭箱までたどり着けた。

 次はおみくじである。今年はこれで、また大吉だった。近年大吉が続くが、世の中が暗い故、ちょっとくらいいい思いをさせようと方針転換したのか。本当にそうなったらいいと思いつつ、ついでに破魔矢も買う。いつものグレードで、昨年と変わらず1,200円だった。そして今年はもももの生活が変わる年である。学業お守りも買おう。以前関白の博士課程入試の年にも買ったものである。結果は皆も知る通りであるから、まぁ効果があるものなのだろう。これでもももも安心かも知れぬ。

 今年、境内の屋台は鬼滅の刃だけのものが出ておった。やはりブームなのだな。心なしか屋台を超えた規模の、居酒屋みたいなものが増えておるような気がする。そしていつもの大阪焼きを食べようと思うも見当たらない。お得だっただけに残念である。

 屋台、正月3が日は19時まで、そして4日からは18時閉店という店が多いらしいと聞いてでは関白は帰るぞ。


1月5日

 食べごろ選べる贅沢関白。
私が関白である


 年末恒例、関白おせち勝負はどうだったろう。
これまで西友やオリジン弁当の、おせちの予約告知を横目に30日、100円ローソンをのぞくと既に100円おせち売り切れのお詫びが出ておった。今年は巣ごもり需要が多くなるだろうという関白の予想は当たったようで、それに対して自粛で迎え撃った店舗側が敗北するのは当たり前である。
あけて大晦日、先に西友をのぞいてみるが、おせちらしきものはお煮染めくらいしかない。勿論伊達巻き、カマボコ、数の子などのおせちのパーツは売られておるけれども、カマボコ一本まるごと食べられる訳はない。
今年は探索の幅を広げ、蒲田エリアもターゲットに入れた。しかし駅ビル地下は、東急側もグランデュオ側もイマイチおせちっぽいものがない。では東急ストアはどうか。するとこちらにはにんべんなどのおせちセットが置いてあるではないか。2千円と手頃で、これに千円の煮物を一緒に買おう。なにせLINE Payの10%クーポンがあるのである。ここは本日20時閉まりだというから閉店まで4-5時間あるのだが、粘って割引はあるだろうか。閉店間際にまた来られるとは限らんので、もうこれで決める。帰りにのぞいたまいばすけっとでは、600円くらいで小さなおせちセットが売られておったけれども、これ以上もういい。

 2020年も勝利で終わった。そう言っていい。これから年明けにかけて冷凍おせちの安売りも出るだろう。そちらも買って二連勝といきたいものである。
ちなみに西友では、サトウの鏡餅の500円くらいのものが100円で投げ売りされておったので買ったと言いつつでは関白は帰るぞ。


1月4日

 特に疲れがたまったときに。
私が関白である


 そういえばいきなりステーキ、誕生月の肉プレゼントもなくなり、500円クーポンだけになっておったな。

もももの父「関白、我が社は本日より仕事始めであります!

 うちは新年は6日からだな。仕事納めも25日だったしな。世間もだいたいそうではないのか。もしかして君の会社はブラックなのではないか?

 さてコロナだが、東京都においては大晦日の1,300人余りの罹患者から2日現在は800人余りと、一挙に500人も減らした。東京はもう抑えられてきたと言ってもいいのではないか。
そんな中、福島に帰省するという学生が言うには、福島では感染地域と呼ばれる場所に行って来た者は、帰っても2週間自主隔離しなければならないという。これは仙台に赴任した教員からも同じような話しを聞いた。とすると東北一帯は全部そんな感じなのかも知れぬ。
地方では、仮に東京帰りである事が発生源ではないとしても何か言われるに違いない。それは心情としては分からぬではない。しかしこれは東京などの大都市が原因なのではない。原発事故の時と同じ風評被害に過ぎない。令和の世に、あの愚行を繰り返そうというのか。もももの父のような先進的な考えを持つ者は、科学の目で見て正しく地域に伝えてくれるだろう。

 では関白は帰るぞ。


1月3日

 凍結関白 新登場!
私が関白である


 元日は、肉を食いたいと思い同じく川崎のいきなりステーキに赴いた。去年の誕生月に、クーポンを使いに行って以来である。しかし着いたらメニューが若干変わっておる。ハンバーグがスタンダードメニューに入っておるとかである。それよりも驚いたのが、メンバーズカード特典の改変であった。今までは食した肉の重さの累計で決まっておったグレードが、今年からは食事回数の累計となった、しかもこれは半年でリセットされてしまうため、例えば関白のグレードであるゴールドを維持するためには、6月一杯までに20回行かねばならぬのである。

 なんという事であるか

 しかも各グレードの規定回数来ないとグレードが一段階下がる。ゴールドを持っておっても20回来なければ次の更新時はシルバーになってしまう。ホームページでは週2-3回来る想定で書かれておったけど、そんなに来る者はごく一部で、多くは月に2-3回とかそんなものではないのだろうか?
10回行くとタダで一回食べられるけれども、タダで食べられるのは肉の種類が混在したワイルドステーキのみで、これを20回、30回と回を重ね、タダ回数を貯めておく事で肉のグレードは上げられる。しかしおおむね新しい特典は大きく改悪である。昨今経営不振がささやかれておったし店員も減ったが、それを考慮してもちょっとこれはどうかと思う。似た店も増えてきた。もう他の店に行った方がよかろう。会計時にそれを聞いてみると、「関白、会社の考えておる事はよく分かりません」と言われたのであった。店員にもそう言わせる今回の制度改変、いつ潰れるかと言われていたいきなりステーキも、いよいよヤバイという事だろう。ヨソの方がうまいと言われるようになったステーキ産業、これが世代交代である。

 では関白は帰るぞ。


1月2日

 豊富な栄養の真っ赤な関白。
私が関白である


 ももへの誕生日プレゼントが順々に届いており、イブは最後のリップが届いておった日であった。
リップはいつ付けるのかな。

ももも「明日つけます!

 そのうち見に行かねばなるまいのぅ。

 さて昨日は元日だったが、大抵の銭湯は休みである。やっておる銭湯に行ってもいいが、ここは新年、ハレの日らしくスーパー銭湯へ行ってみたい。今年のチョイスはおふろの国である。しばらく行っておらんかったから、月刊サウナももらって来ねばならぬからな。
その帰りは川崎に寄って、まずはミスド福袋である。近隣のミスドにヒアリングしたところ、蒲田は毎日瞬殺、池上は年内分を早々に売り切ってしまっておった。その中で川崎駅前店は、昨年分の2,200円のものを残し、かつ年明けからは3,300円のも追加されておるという。要するに両方買えるという訳じゃ。ここで買おう。今回から店ごとの割引券も付かなくなっておったから、もうどこで買っても同じ事である。ちなみに今回からドーナツ券は、30個分が一枚ではない。15個の券が2枚なのである。
帰りに隣のモアーズ前では福袋だけの臨時販売コーナーがあった。毎回川崎だけ残っておるのは、元から入荷量が多いのだろうか。以降も川崎で買えば良さそうじゃな。

 では関白は帰るぞ。


1月1日

 とことんこだわった最高級品質。
私が関白である


 それにしてもあけおめである。

もももの父「いやまったくことよろであります

 いつもの言葉から新年が始まった訳だが、そういえば昨年のクリスマスイブはどうだったろうか。
もももの父の電話番号に電話をしてみると、もももが出た。ももも実家におるようであった。後ろから声が聞こえるが、もものおばあちゃんのようである。

もももの祖母「来てくださいー

 年上の言葉には従わねばならない。今から行けば、クリスマスの朝には着けるだろう。

もももの父「関白、それは外交辞令でありまして

 まさかそのような事があるはずはないではないか。
仮に万一そうであったとして、関白はぶぶ漬けを食べて帰ると言われておる。2021年はももの生活が大きく変わる年でもあるし、行かねばならぬだろう。

 まだ続きつつでは関白は帰るぞ。