title

以前の一言はこちら→ older


Q&A RECORDS トップページへ



to_kanpaku



どの日に突っ込む? 突っ込みの言葉



■ 2017年 先月 来月→

6月26日

 怒りを敵とせよ。
私が関白である


もももの父「関白、ももに毎度毎度送っていただいておりますHEY! SAY! JUMPの番組BDでありますが、ももがもういらないと言っております!

 なんという事であるか

 もうジャニーズに興味はないと言う事か。となるとこれからは関白一筋という訳であるかな。

もももの父「いえ、番組は自分で録画しておるようでありまして

 ライブとかはどうであるか?

もももの父「それが次は福井であるようでして、周りがみな落ちる中、ももだけが当選したので有松!

 うむ、運の良さも関白譲りである。
それで、一人で行くのであるか?

もももの父「いえ、2人まで行けるそうであります

 うむ、では関白と行くのだな。ゆみゆみも安心する事であろう。

もももの父「いえ、友達と行くそうであります

 心配だが、関白もプロレスを観に、中学高校時代富山とか行ったものであると思いつつでは関白は帰るぞ。


6月25日

 罪なき者は罪ある者の犯罪の報いを受けるのか? もちろんその通り。それこそが弱者の運命と言うものだ。
私が関白である


 この金曜から、夏の秋葉原電気街まつりが始まった。
今回も前回に続き、妄想キャリブレーションになった。100名に1万円なので総額はかわっとらん。そして先着でノートがもらえるのだが、妄想キャリブレーションのノートではなく北斎の波の絵が表紙のものであった。

 さて先日、歌舞伎町のゲーム開発会社で会議の場が持たれた。
源平討魔伝の音楽を担当した中潟憲雄氏は、今までタモリ倶楽部にプラモ話しで二回出演しておるのだが、その時の話しを聞くと、収録には4時間かかったそうなのだが、そこで分ったには、タモリ倶楽部は自由にやっておるように見えて、実は誰が何を言うかが全部決まっておる、完全台本の番組だったのじゃ。
まさか笑点のような事になっているとは思いもしなかった。

 ところでこの打ち合わせの内容なのだが、日本SF大会チャンネルのゲーム企画第二弾、その名もゲーム酒場補講その2の事であった。今回の内容は大きく2点。このほどファミコン版が発表された平安京エイリアンと、先日30周辺記念CDが発売された源平討魔伝についてである。しかも双方の中心人物、元源平プロジェクトの中潟憲雄氏をメインゲストに迎えるというのである。
この打ち合わせでは作者さえ知らない情報が飛び出すなどし、まったく放送が楽しみである。

 オマケに、ファミコン版源平討魔伝のプログラマも出演するらしいしなと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月24日

 戦いに目的はいらない。戦いそのものが目的なのだ。疫病が広がるとき、あるいは野火が燃えるとき、お前たちはなぜとは問うまい。我も同じ。戦う意味を問うなかれ。
私が関白である


 楽天銀行が言うには、確定データが来たからシマンテックにはもう支払いを行ってしまった。そのためシマンテックから返金データを出してもらい、代金も楽天銀行の口座に戻してもらう事が、返金の条件であるという。
なぜこちらがこんなに手間をかけないといかんのだろう。こんな話し、説明しても、やっぱりシマンテックのスタッフは一回では理解できんかったではないか。韓国人だから日本語が分らんと言う訳でも無かろう。
楽天銀行もアレだったけど、シマンテックがキャンセルした取引なのに確定データを送ってしまった事も問題である。

シマンテック「関白、キャンセルしたものと同一金額の確定データが来た場合、通常は銀行のチェックがかかって引き落としはされないはずであります

 まぁ、それが正しいフローであろうな。
ともかく今回の教訓としては、シマンテックの自動延長サービスには気をつけろという事と、キャンセル時に正しくキャンセル処理が行われない事がある。

 そして本日朝、再度の返金がされてきたのだと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月23日

 スレイベンは私たちの故郷です。このような不浄のもの共に攻め落とさせるわけにはいきません。
私が関白である


 入出金明細から内容をつかむと、承認番号が確定のものであると聞かされた。
つまり、土曜に立てた請求に対し取り消しデータは来て一旦返金がされたものの、その後に確定データが届いたのでまた引き落としがかかったのだという。
しかしそうなると、キャンセルされた取引に対して引き落としをかけたという事か。なぜそんな事が起こるのだろう。

楽天銀行「関白、私どもは確定データが来ますと、その承認番号を取り消すデータが来ていましても引き落としを行うのであります

 それ、そもそもおかしくないか? 最悪でも、矛盾するデータが来ておるのだから確認が必要な案件ではないか。人の財産を預かる銀行がそれでは困るではないか。

楽天銀行「銀行のやる事には、契約上了承をいただいております

 銀行の落ち度にまで責任を負う義理はない。

楽天銀行「私どもでできる説明はここまでです

 そういう言葉で説明を打ち切ろうとするのであれば、こちらは楽天銀行が十分な説明責任を果たしておらんと見なさざるを得ぬ。

楽天銀行「それはお客様の判断です

 うむ。ならばそれはまた追求していくとして、またシマンテックに連絡じゃ。
まだ続きつつでは関白は帰るぞ。


6月22日

 言葉は嘘をつく。人々も嘘をつく。大地は真実を告げてくれる。
私が関白である


 スミちゃんだが、なんとなくお腹が大きいような気がする。4月に出産したばかりだというのに、この短期でまた産む事があるのだろうか。猫に詳しい者は、遠慮無く情報を寄せるがよい。

 さて、本日は皆に注意喚起をするものである。
土曜に、8,618円の引き落としがあった。デビットカードだから入出金の都度連絡が来るのは安心である。さすがはネット時代のカードである。だがこの引き落としには心当たりがない。一体何だろう?
分った。これはおそらくノートンの自動延長サービスによる課金に違いない。確認したら確かにそうだったのだが、しかしノートンはヤマダ電機などで買ったら半値くらいで買える。ここで買う必要はない。そもそもライセンスも余っておるではないか。

 明けて月曜日、シマンテックのチャットサポートに連絡して、延長したくない旨と、可能なら返金の依頼をした。そうしたら30日だか以内なら無条件で返金に応じると言うではないか。オマケに利用中ライセンスを移動して2契約にまとめたら、今回の延長そのものが不要になった。期間も使わなくなった分を他に足せるとの事。こういう事もできるのだな。

 で、返金は20日にあった。素早い事である。これらの対応に満足しておると、22日になってまた引き落としがかかった。しかも同金額だから、おそらくまたシマンテックであろう。何が起こっているのか。問い合わせるも土曜の以外請求の記録がないという。
何か他にも自動延長ものがないかと思ったが、それもないという。

 それでは楽天銀行に聞いてみるか。ただ、時期的にまだ請求元が判明しておらんはず。だが情報がない以上、銀行の方からも調べてもらおう。楽天銀行、スマホからではフリーダイヤルのサポートデスクにかからず、0570にかけねばならぬ。なんという事であろう。

 まだ続きつつでは関白は帰るぞ。


6月21日

 これはゲーム、そう思っていた。
私が関白である


 駅前の元サークルKサンクスだが、昨日ようやく再オープンの予定が張り出された。
それによれば、やはり今月中は間に合わず7/20であるらしい。4ヶ月休んだ事になるので、店の機会損失は勿論、客も不便にしておった。どういう店が出来るか、楽しみにしよう。

もももの父「関白、わたくし最近アンガーマネージメントを行っておるので有松

 怒りのコントロールであるな。やはり50も過ぎると、部下も多くなると、そうあらねばならぬ。

もももの父「よって、腹を立てることなど決してないのであります

 うむ、よい事である。笑いながら怒るがよい。
時に君が撮っておると噂のドラマ「関白物語」であるが、進捗はどうであろうか。気になっておるのが、もも役が誰かという事である。有村架純か、さもなくば広瀬すずかと思っておるけれども、まさかのご本人出演という可能性もある。
やはり「関白さんだーいすき!」と、感情を込めて言えるかどうかがオーディションの決め手であろう。

 では関白は帰るぞ。


6月20日

 あなたの知らない今がある。
私が関白である


 先日、ちょっとガックリきた事があった。
今までテストの採点は、最後にEXCELの名簿に点数を書き入れるところまでがセットだったのだけれども、どうも学内的に、答案から名前と点数を自動で読み込むシステムがあると、先週聞かされた。
情報科学部に依頼して作ってもらったと言うけれども、なぜその情報は広まっておらんのか。これまでまったく無駄な手間をかけておったのだな。

 さて本日、小池百合子都知事から豊洲市場移転についての発表があった。
一旦豊洲に移り、その間築地を整備した後、5年後にまた戻ってくると言うプランであった。考えられる中ではおよそ最悪の内容であった。築地も豊洲もどちらも整備する訳だから、両方に金がかかる。そして長期利用前提だった豊洲はどうするのだろうか。
都知事選前だから、どちらにもいい顔をしようとしたのかも知れんが、結局どちらの幸せにもならない。調査委員会は以前より豊洲への移転以外の選択はないとしていたのだから、それを尊重するべきではなかったろうか。

 もしかしたら豊洲に移転した後、なんのかんのと理由を付けてそのまま戻ってこないという作戦かも知れんが、そういう騙し討ちもどうかと思うものである。

 では関白は帰るぞ。


6月19日

 食べるは生きる。
私が関白である


 選挙のたび毎度毎度録画しておる池上彰の選挙特番なのだが、国政選挙はともかくとして東京ローカルな都議会議員選挙は何かやるのだろうか。
ちなみに関白には都民ファーストを支持できない理由があった。関白の知人が都民ファーストから出られなかった事と、民主党所属で元大田区議だったもり愛が、都民ファーストから出るからである。彼女は都議の補欠選挙に出るために区議を辞め、そして都議に落選したのだが、区議時代も評判よくなかったし、都民ファーストはなぜ彼女を公認したのかと思わざるを得ない。

 さて、本日は副都心にある高層建築の某専門学校へと赴いた。再来年に開校を目指しておる専門職大学についての相談で呼ばれたのである。
受付で名乗ると「お待ちしておりました」と言われ、ほどして役員応接室に通される。よく分っておるではないか。教育について、新しい大学についての話しを小一時間したけれども、この大学ができる年にはももは高2だから、進学先のひとつになるも知れん。
うちの大学でのポジションも押さえつつ、ここでも准教授ポストを得ておけば、もももがどういう進路を考えておろうとも対応できる事であろう。

 色々と考えておるのだと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月18日

 彼の罪は沈黙。それは永遠に彼を苦しめる。
私が関白である


 早いもので、来月の2日は東京都議会議員選挙である。
公示前だというのに、法に触れない形で事実上の選挙演説が行われておる事は皆も知っておるだろうが、我らが愛すべき泡沫候補者達の動向はどうなのか。又吉イエスは出ないのか。マック赤坂立花孝志は出るらしい。羽柴秀吉は亡くなったがな。

 党派別で見ると、都民ファーストの会と自民党ががっぷりぶつかる事になるのだが、都民ファーストは、昨今決断できない女、小池百合子がその評価を下げておる。
そもそも首長がすべてを把握するものではない。下に任せ、最後に責任だけ取るのがよい。そもそも部長以上は都知事の判子を押す事ができるのだからな。
であるから豊洲の件は、科学的に安全が証明されておる以上一刻も早く移転するべきであるし、それを決断してこその都知事である。なんだかんだ言われても石原慎太郎はそこはちゃんとできていた。

もももの父「時に関白は出馬されないので有松か?

 うむ。社会が要請すればその覚悟はある。Q&A党として「いぬいカルテットの新作発売」を掲げて政治活動を行っておる事は皆もよく知る通りであろうが、新たに「ももの西高入学」を新たな公約とすれば、トップ当選間違いないであろう。
もう、応援演説でゆみももの予定を押さえておかねばならない。JR蒲田駅西口と、矢口渡駅前をよろしく頼む。

 ももが「わたしを高校に入れてください!」と言えば票はガッポガッポであろうと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月17日

 欲望に続くのは浪費である。
私が関白である


 KDDIに聞いたところ、Bフレッツが終了するのはNTT西日本管轄だけで、NTT東日本は新規申し込みこそ停止しておるものの、終了はまだアナウンスされておらんのだそうである。
といいつつ、現時点でもフレッツ光ネクストに乗り換える事は可能で、しかもIPアドレスを16個に減らすなら、KDDIの払いも半額くらいに減らせるようである。

 そして、ついでにNTTにも確認した。
フレッツ光ネクストでは、光でんわと言って既存の固定電話の番号をそこに移す事が出来るらしい。料金は、相手が固定電話なら全国どこでも3分8円というリーズナブルさである。携帯の通話料金がタダになっておる昨今でも魅力的であろう。
しかもISDN番号もそこに移せるらしいのだが、Bチャンネル2回線相当の事はできるようだけれども、関白邸でも今なお活躍しておるS-1000S-2000などのISDN電話機はつながらない。アナログのモジュラージャックが出ておるだけのようなのじゃ。ISDN電話機の転送設定を使って電話をPHSに転送しておるというのに、光でんわではそれが使えなくなるという事か。

 NTTは、既存の電話線は将来的にすべて光でんわに変えていくと聞いておる。色々考えどころであるけれども、まぁゆっくり考えていこう。

 では関白は帰るぞ。


6月16日

 私は美しき神を信じていました。しかし、これが神の真の顔です。
私が関白である


もももの父「関白、それでは私は12月から何を契約したらよろしいのでしょうか?

 関東だとソニーのNURO光がある。関白を師と仰ぐ激安★超特価商店街のオーナーも勧めておる。しかし金沢となるとそうもいかん。ケーブルテレビを使っておるならネットもそっちに切り替える手もあるが、別に安くなるような感じでもないから考え物である。素直にフレッツ光ネクストにするのがいいかも知れん。西日本だと名前が違うかな。
プロバイダとセットになった「光コラボレーション」の中でお得なものを探すのがいいのではなかろうか。いま契約しておるNiftyにもサービスメニューがあるだろうし、この機会を狙う業者の、割引キャンペーンもあるだろう。

 ちなみに言っておくが、テクノポリス畝田はまだADSLを使っておる。「まだ」と言ったが、畝田にネットが導入されたのがこの2月なのである。しかもなぜか768kでしかリンクせんので0.6Mくらいしか出ない。線路長2.4km程度でこれなのである。それを思えば、光のメニューであれこれ言うなど贅沢ではなかろうか。

 さて、Bフレッツが終了するという事は、関白邸で使っておるBフレッツBASICは終了せんのだろうか。実際、Bフレッツ関係は何年も前に新規加入を止めておる。NTTからの連絡は来ておらぬものの、ニューファミリーだけ終了してBASICが残るというのも考えにくい。

 関白邸のネットワークは、BフレッツBASICに、KDDIのイーサエコノミーというサービスを利用しておる。合わせて月に四万七千円ほどにもなるが、今回このメニューを読み込んでみたらば、NTTのNGN的な線、つまりフレッツ光ネクストなどに乗り換えれば、KDDIの方も安くなる余地がある。いま固定IPを32個もらっておるが、これが仮に16個でいいなら半額になるという。34,500円(税別)の半額は大きい。年間で20万違うのだからな。

 では関白は帰るぞ。


6月15日

 ずっと赤い、ずっとおいしい。
私が関白である


 どんどん気温が上昇しておる。30度越えもあった昨今だが、関白邸は、とうにエアコンを稼働させておる。
そんな中、スミちゃんは夜ご飯を食べると、少し休んで外へ出て行ってしまう。冬場はあんなにぴったりくっついて朝方近くまでおったというのに、寂しいものであるのぅ。
だがスミちゃんがPCのキーボードに乗ると、かなり高い確率でPCがハングアップしてしまうからな。

もももの父「関白、ももも邸の光回線でありますが、NTTから11月でサービスを終了するので他のに切り替えてくれと連絡が来ておるので有松

 東京だと、WiFiに切り替えるサービスがもうすぐ締切りですみたいな投げ込みがよく入っておるが、これは情弱を騙す手合いのものである。

もももの父「わたくしこの彦三の地に来ました時に、ここは光収容だからと光しか契約できなかったのであります。その上でのサービス移行の強制でありますから、なんと都合のいい奴らであろうと思っております

 だがこれについては、NTTが既にBフレッツサービスの終了をアナウンスしておる。そのためのものだと思われるのじゃ。料金も下がるし、回線速度もおそらく速くなるのではないか? ドコモ光とかの変なのを契約しなければだけれどもな。

 思い返せばBフレッツは、ニューファミリーとベーシックの二品目があった。ニューファミリーは回線を共有するとうたっておった割に、ベーシックと同様に局まで占有の線だったので、それを知る一部からは苦情めいたものも出ておったし、試しにと両方を契約した関白は、速度の違わなさに違和感を覚えたものであった。

 では関白は帰るぞ。


6月14日

 とどけ、梅の力。
私が関白である


 いま「美女と野獣」を実写映画でやっておる。以前アニメ版はIMAXで観たものだけれども、今回は完全実写化と言っておる。さすがはディズニーと思ったけれども、CMで見る限りでもCGバリバリではないか。どこが完全実写なのだろうか。

 さて、関白は今年度から日本経済学会にも加入した。経済の研究に生きる関白ならば当然であると皆は思うであろう。
しかしこの学会。学会の中でも加入が一番難しいというか面倒である。なにせ加入条件があって、以下の通りなのじゃ。

  1. 大学卒業後2年以上経過、あるいは大学院博士後期課程相当に在学し、引き続き経済学の研究を行っていること。
  2. 正会員2名の推薦者があること(学生会員は推薦者になれません)。

 他にこのような条件を課す学会はそうそうない。推薦人も、うちの大学の先生2人をつかまえたけれども、普通は申し込んで年会費を払えば加入できる学会がほとんどである。

 ともかく、その日本経済学会の年次大会が、今月末に立命館大学びわこ・くさつキャンパスで行われる。一応行く予定にしておるのだが、立命館のびわこ・くさつキャンパスと言えば、法政でいうところの相原駅のような場所であるというではないか。
しかし既に立命館はびわこ・くさつキャンパスを放棄する方針だと聞くではないか。昔は京都法政学校と言っておったのに、大分違うものなのじゃのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月13日

 食でつなぐ、人と健康を。
私が関白である


 先日、鶯谷に新装オープンした銭湯「萩の湯」に赴いた。
聞けば銭湯とは思えぬ設備だという。秋葉原からなら鶯谷も遠くない。この話題の銭湯に、一度行ってみるとしよう。

 鶯谷駅の北口を出る。一般に鶯谷と言えばラブホ街というイメージだがまさにそうで、駅から少し歩くとすぐラブホ、もといアミューズメントホテルがある。どれも興味をそそる作りで、連れがおればうっかり入ってしまいそうになるではないか。
しかしこの道が萩の湯への最短ルートなのである。そうして着いた萩の湯はビル銭湯で、一階がコインランドリー、二階が食堂、三階が男湯、そして四階が女湯という、スペースをゆったり取った贅沢な作りになっておる。関白は広い炭酸泉が気に入った。
食堂も評判いいので、皆も一度行ってみるがよいぞよ。

 帰りに鶯谷駅のホームから見た鶯谷の街は、何軒ものアミューズメントホテルがきらめいておったのであると言いつつでは関白は帰るぞ。


6月12日

 どこで運命と巡り会うのかはわからないが、少なくともここでない事は確かだ。
私が関白である


 荏原高校通り商店街、改め安方商店街の店に変化がある。
元々店は少ないながら、その中で大田マルシェというちょっとカジュアルオシャレな飲み屋ができ、代わって居酒屋侍と、大田マルシェの隣にあった弁当屋が閉店する事になった。弁当屋は台東区に引っ越すというが、評判の良かった店だったから、前向きな引っ越しである事を期待しよう。

 さてauの毎日お得サービス「auエブリデイ」であるが、目玉の、土曜1,000円ギフト券の件である。利用可能金額がトータル3,000円に上がってしまった事で使いにくくなっておる事は既報の通りである。
消費者心理としては、割引が使える3,000円ギリギリのものを買いたい。ところが逆に販売店心理で、2,980円とかいう値付けが多いのである。ひどいのは「今だけ100円引きにしました」みたいな感じでわざわざ2,900円になっておったりする。
もうちょっと買い足してもらおうというスケベ心なのかも知れんけど、それは間違いで、こういう時は3,000円の商品を出すべきなのである。

 3週間前はまだ制限が緩かったので2,600円ほどのブランド米、先々週は王将の冷凍中華セット3,600円、そして、まだ冷凍庫が開かないかと思い、日持ちするものをと先週はまた3,000円のブランド米を買ったのだけれども、相撲部屋でもあるまいし、あまり米ばかりあっても食い切れぬ故、今週は何を買ったらいいのか。
ともかくそういう訳であるから、販売店においては値付けはよく考えるとよい。

 では関白は帰るぞ。


6月11日

 自然界での格付けが獰猛さだけで決まるのなら、アナグマは獣の王であろう。
私が関白である


 一部で話題になっておる映画「メッセージ」をようやく観てきた。
内容は良質のSF作品なれど、地味なので早期に終わると言われておるものである。だが、正直よく分らんかった。映画外の情報をつなぎ合わせるとようやくこれはこういう事を言いたかったのかと分る次第で、映画の中で語るべき事が語られておらん問題を感じたのである。そのような部分は大抵映画で付け足された箇所のようで、原作を読んだ方がよかったかも知れんのぅ。

 さて、さる縁で、AV制作会社の者と知り合った。言えば誰もが知っておる、社長がマネーの虎にも出ておった会社である。
あの会社、新入女子社員総出演的なAVも出しておったけれども、あれは本当に社員なのだろうか?

はい。ちゃんと社員として雇用しております

 詳しく聞けば話しの順番が逆で、社員がAV嬢になるというよりは、このビデオを出すためにAV嬢を社員として形式上雇用したという事らしいのだけれども、その妙な拘りは何なのだろうか。
ちなみにそれをカウントしなくてもあの会社には女子社員は意外と多く、4割くらいが女子社員という。世の中はよく分らんものじゃ。

 社風も普通の会社とは違い、掲示物も特殊なものが多いと聞く。それも一日で慣れると言うが、日曜に出勤したら自分の机の上で撮影が行われておったのはさすがに驚いたらしい。

 では関白は帰るぞ。


6月10日

 私に敵対すること以上の愚行もあるまい。
私が関白である


 家庭教師の件だが、重要な条件を思い出した。
学位も大事だが、肝心なのは成績ではないか。もももの家庭教師なら当然にオールA、可能ならオールA+が望ましい。だがAとは80点、A+とは90点以上である。そんな優秀な家庭教師がいるのだろうか、ゆみゆみもそう考えるに違いない。だが、幸せの青い鳥は、すぐ近くにおったのじゃ。

 さて今夏のコミケである。
残念ながら我らがQ&A RECORDSは落ちてしまった。夏は落として冬という風に準備会的に決めておるのだろうか。それはさておき、我らが盟友ロリータソフトは当選した。この事は幸いであった。
それで場所だけれども、金曜の東地区、こ-28aとなった。当日は関白とふれ合える貴重な機会である。皆も遠慮無く来るがよいのである。

 では関白は帰るぞ。


6月9日

 それを述べる言葉は消える。それを記す書物は滅ぶ。それを語る伝承は終わる。
私が関白である


 2019年度より、専門職大学というものが始まる。
少人数の学生だけ受け入れ、インターンシップの導入などの現場寄りの授業を取り入れつつ、大学らしく未来志向の人材を育てるというもので、おそらく卒業生は引く手あまたになると言われておる。これから生徒の絶対数が減っていく中、専門学校が進出を狙っておるのである。
具体的に設立計画のあるところでは日本工学院、HAL専門学校などだが、日本工学院はもう30年以上前に東京工科大学を作ったというのに、さらに作るのだろうか。

 面白いのは、専門学校が専門職大学を作ったとしても、専門学校を止める訳ではないらしい。なぜならば専門学校はドル箱だからである。東京工科大学の設備がピカイチなのは、日本工学院が、専門学校で蓄財してきたのを東京工科大学で使っておるからだというしな。

 で、2019年の開校のためには今年の秋頃までに文科省に設立のための書類を出さねばならない。もうこの段階で、どんな先生が教えるのかとかいう情報も付けてである。先生とは、学術的な方面を担当する、博士相当の学位や実績を持つ教授、准教授と、実務家と呼ぶ、まさに現場で働いており、現場の事を教える講師との両方である。常勤の先生がなかなか見つからんようだが。

 当然に関白の方にも話しは来ておるものの、関白は研究者なのか実務家なのか。どちらでもあると言えるから、ハイブリッド型として付加価値を得たいと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月8日

 お前の命は太陽と共に沈む。
私が関白である


 宮川元気くんの出演だが、毎日出ておる訳ではなく火曜だけのようである。
関白ファミリーの業界進出は著しいものがあるが、テレビに出ておるから広坂ハイボールはいつも満員なのかな?

もももの父「いえ、あそこは元から人気店で有松

 ともかく、関白ファミリーにあらずんば金沢のテレビ界では生きていけぬ時代になった。皆も、その事を忘れぬように、日々関白へ感謝の気持ちを捧げるがよい。

 時にもももの家庭教師は順調なのだろうか。
高校受験まで8ヶ月しかないから、確実に取れるところを取るようにせねばならない。ここでふと気づいたけれども、金沢大学の女子大生が教えておると言うが、考えたら彼女はまだ何も学位を持っておらんではないか。
最低でも学士、可能なら修士号くらい持っておらんと、中学生は教えられんのではないだろうか。さらに言えば博士後期課程在籍中なら誰も文句ないだろう。もしかして身近におらんか、ちょっと考えてみるがよい。

 では関白は帰るぞ。


6月7日

 人生は迷路だ。行き止まりの一つがこれだ。
私が関白である


もももの父「関白、わたくし久しぶりに広坂ハイボールへ行って参りましたので有松

 うむ、テレビをもっと見るように、であるか?

もももの父「それでありますが、マスターの宮川元気くんが、4月から北陸朝日放送の昼の帯番組に出ているのであります

 なんという事であるか

もももの父「いつもの白い背広姿で、気さくなマスターとしてコメンテーターをつとめておりまして、ワイプで抜かれる時には派手なリアクションを見せてくれるのであります

 さすがは元役者である。宮川くん、出演者プロフィールページに載っておったぞよ。

もももの父「番組の責任者が同級生のようでして、口説かれて出ざるを得なかったようであります

 関白も遠慮無く口説いてよい。

 では関白は帰るぞ。


6月6日

 すべてを欲し、すべてを失う。
私が関白である


 もももの父が怒るので、ニッポン放送の番組表をもらってきた。
しかし見たら何か違和感がある。表紙は松田聖子なのだが、先月も松田聖子ではなかったか? まだ先月のが置いてあるのか?と何度も確認したけれども、間違いなく6月号だった。
もしやと調べたら4月も松田聖子ではないか。別にいいが、予算が厳しいのだろうか。そして来月もそうなのだろうか?

 時にここに集うラジオマニアであれば、近年過払い請求のCMが多い事に気づいておるだろう。
その中でも、何歳で世界一周した誰それが代表とか、10-20-30というCMを流しておった新宿事務所であるが、今月から中央新宿事務所というのができて、代表名も違うし、名前的には別法人のようでいて、それでいて、なぜかこれまでのCMフォーマットを引き継いでおる。電話番号は70-80-90に「変わりました」と言っておるので、前との継続性をうたっておるのは間違いないのだが、これは不可解である。

 ちょっと調べたところでは、実はこのような話しがあるようだ。要するに懲戒が予想されるため、別法人を作って逃れようとしておるという事らしい。下手をしたらラジオ局までお叱りを受けるケースではないか。
あの業界も昨今法律事務所の倒産も出ておるし、とうの昔に市場が飽和しておる事は知っておったけれども、ここまでしてまだ過払い請求市場には魅力があるのだろうか。分らんものじゃ。

 では関白は帰るぞ。


6月5日

 俺は遊びに来たんじゃない。勝ちに来たんだ。
私が関白である


 先日紹介した、auユーザが別料金で入れるauスマートパスプレミアムであるが、その毎日お得サービスであるauエブリデイの日曜のお得は、ローソンのからあげクン(抽選)だった。抽選と言っても関白は3回中3回とも当たっておるのだが、それが6月からはなくなってしまったのである。
サービス内容が変わってきておるという事ではあるものの、どうにもサービスレベルが落ちておる気がしてならない。

 さて関白邸最寄り駅前のサークルKサンクスの大改装であるが、先日より工事が再開され、今では鉄骨の骨組みが組まれておるところまで来た。ようやく希望が見えてきたところだけれども、しかし今月中に開店するのは難しいに違いない。
そんな中、このタイミングを見てか近所ののローソン100もプチ改装に入った。5/31~6/15くらいまでの短期休業であるが、こっちはどう変わるのだろう。「ちょっとキレイになる」みたいに聞いた気もするが、今は看板も外しておる状態である。

 どちらも東スポを扱っておった店だからそれなりに不便ではあるが、今後の展開に期待しようと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月4日

 人に従わない者は、人を導く者にならざるを得ない。
私が関白である


 昨日はPerfumeの幕張ライブがあった。
金土の2daysで、どちらもゲストアーチストを迎えての対バン形式、金曜は電気グルーヴ、土曜はチャットモンチーであった。
関白は土曜だけ行ったのだが、18時開演でまずはチャットモンチーの単独ステージが一時間。19時前に一旦終わり、5分ほどの休憩を入れてさあPerfumeやぞいやと思ったらここでSECRET GUESTが入った。
誰かと思えば"NAOMI WATANABE"、渡辺直美だったのじゃ。彼女のビヨンセステージが15分ほど入り、再度休憩が入って、ようやくそこから我らがパー子達のステージが始まった。

 結局アンコールを含めて21時までのステージだったものの、半分は他アーチストだし、Perfumeさん達も随分楽をするようになったものである。とはいえ最近楽曲も切れが悪いし、それだけで2-3時間持たせる事も出来なくなったのだろうか。昨年の幕張は、大道具からカメラワークから、圧巻のステージだったのにのぅ。

 今回も基本スタンディングのライブだった。
あーちゃんがやりたかった形式だと去年言っておったけれども、スタンディングは着席より多くの客を入れられるメリットがある。幕張メッセの9-10ホールを使用して何万人入れられるから、割がいいのだろう。ダンスフロアと呼んだ割には、踊るほどには余裕はないしな。今回の内容を見ると、そういう方向の考えを持ってしまうのである。
よかったと言えば、昔の、Baby cruising loveやGAMEをやってくれたくらいかな。

 去年は立ちっぱで、本当に倒れるのではないかと思うくらいのものだったけれども、今年はまだ体力的に持った。帰りも、幕張で食事してからにしたから電車も座れて楽だった。しかし翌日になっても疲れは取れぬので、来年また同じ形式であったとしたら、ちょっと考えねばならぬのぅと思う。

 では関白は帰るぞ。


6月3日

 思いやりと慈悲を実践しなさい。ですがそれを打ち切るべき時も把握しなさい。
私が関白である


 という訳で6月になった。
6月になると酒税が上がったり色々物価も変わった訳だが、例の、auの土曜1,000円引きクーポンの扱いが大きく変わった。今まで1,500円以上の購入で使えていたものが、今月から3,000円以上の購入、しかも先着1万名の利用まで、と大幅改悪されてしまったのじゃ。

 なんという事であるか

 そもそもクーポンの使えるwowma!は世間の最安値ショップではないし、これでお得度はかなり下がってしまった。今週についてはauショップのau WALLETの店頭クジで3,000ポイント当たっておったし、そこから充当するにして、来週以降はちょっと考えねばならぬのぅ。
それにしても、なぜauはこういう大きな変更を関白に連絡してこないのか。いさっておるのではないか。

 では関白は帰るぞ。


6月2日

 休息も慈悲も与えぬ。何があってもだ。
私が関白である


 6月となり、東池袋52のCDのポイント引き替えが始まった。
早速UCカードのサイトに入ってみる。もうちょっと大きくフィーチャーされておるかと思ったら、ひっそりと掲載されたそのポイント数は、100ポイントであった。換算するとおよそ500円分くらいだろうか。意外とというか良心的だった。
よく考えたらこれもUCカードのサイトだからで、セゾンカードのサイトであればもっと大きく掲載されておるのだろうかな。

 さて昨今、副研究科長から、「留学生一人面倒みろぞいや」という連絡が来た。
指導員が足らず、関白にも修士2年の中国人留学生の指導をしろというのである。関白もこれからもももの家庭教師を務めねばいかん身、修士学生一人くらい面倒みられなくてどうするか。そういう意気込みで引き受けたのである。そしてこういうところに費用を惜しまないのが、うちの大学のいいところである。ゆみゆみの好感度も上がった事であろう。

 という訳で夜たまに大学院で指導しておるのだけれども、自分の研究も進めないといかんのぅと思いつつ、では関白は帰るぞ。


6月1日

 私の手に剣がある限り、清純なるミラディンを取り戻す希望は残っている。
私が関白である


 ipcpの件だが、KDDIのテクニカルサポートからもネットワークアドレスを返すと連絡が来た。
さすがは高い金払っておるだけあり、キチンと答えてくれる。で、これは全KDDI的にそうなのだという。ではipcpで送るべきなのはネットワークアドレスなのか、それともリモートのアドレスなのか。

 どうもRFC的にはリモートのアドレスを送るのが正しいようじゃ。例外的に/32のアドレスならネットワークアドレスもリモートのアドレスも区別がない。これはPPPが、IPアドレスを1個だけ割り当てるプロトコルだからであるが、そもそもipcpではネットマスクも送れないので、本来IPアドレス1個送る以外の使い方はできない。
そこへ来て、プロバイダもルータもなぜかipcpで送る値を使おうとするからおかしくなる。KDDIはネットワークアドレスを送り、RTは送られてきたアドレスをルータのアドレスとして設定しようとする。昨日も書いたけれども、ipcpではアドレスは送らないか、送られてきても無視してルータはルータでアドレスを自前で振るのが正しい設定のあり方である。

 unnumbered環境でサブネットを扱おうとするのは昨日今日始まった事ではない。であるのにこの有様、関白にしてみたら、なぜこんな問題がずっと残っておるのか甚だ疑問と言わざるを得ない。
RTなんて、WeUIで作ったconfigでは、固定IPからのアクセスにわざわざマスカレードをかけて、ルータからのアクセスのように変換してしまっておる。なぜこのレベルのルータが、固定IP1個のみ利用のように設定されるのか。

 ともかく、皆においては注意するがよいと言いつつでは関白は帰るぞ。