title

以前の一言はこちら→ older


Q&A RECORDS トップページへ



to_kanpaku



どの日に突っ込む? 突っ込みの言葉



■ 2018年 先月 来月→

6月24日

 一切見ませんね。人間ってね、どんなに強靱な精神でも、結局1000の賛辞より1個の罵倒のほうが気になる動物なので。昔から評論とかほとんど読まないし、特に匿名的なものに影響されるのが大嫌いなので。
私が関白である

 毎年恒例、夏の秋葉原電気街まつりが始まっておる。
今回はアイドルグループではなく、「激情のワルキューレ」とのコラボである。二千円以上買うと、100名に一万円の買い物券、または35名にコラボパネルが当たる。先着ではコラボ下敷きである。
 一部で話題になっておるが、電気街まつりのページにある地図(PDF)を見ると、下の方にあるべき施設がない。ヨドバシカメラが書き込まれておらぬのである。参加店舗ではないからだろうが、参加店舗ではなくても載っておるのもあるというのにな。

 そういえばだが、いま乃木坂、欅坂などのSME坂道グループのオーディションがある
結構〆切がいきなりで、来週金曜までなのである。これはもももに伝えねばならぬと思っておるが、いっそ代理で関白が申し込めば手間もかからぬのではないか。「関白が申し込んじゃって~」というおきまりの台詞も使えるではないか。
 まず必要なのは顔写真と全身写真である。顔写真は先日の北國新聞に載ったものを使えばいいとして、全身写真を撮って来なければならぬ。
未成年者が応募する場合、保護者の同意が必要です」とあるが、事実上関白が保護者みたいなものなので、関白の同意で多分大丈夫だろう。これで一次審査は突破である。
二次審査は金沢会場もあるではないか。もちろん二次審査も突破であろう。

 ももの姿をテレビで見られるようになるのも近かろうと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月23日

 正直品質。
私が関白である

 そう言えば、世間ではHEY! SAY! JUMPハンガーはこういうように遊ばれておるらしい。多分ももももそうしておる事であろう。

 関西ツアーからの帰り、地元の駅に着いたところで雨が降っておったため、ローソンストア100で傘を買う事にした。108円であるのでポイントが付かない。であるから、普段であれば一緒にdカードかポンタカードを出すところを、スマホのedyだけで決済した。
帰ってレシートを確認すると、驚いた事に何かのカードを出した事になっておった。そういえば以前、カードを出さない客のポイントをガメていたという話しがあって問題になった。そういう事なのだろうか。
 だが最近では対策が取られており、一日に何回もポイントカードをリーダーに通すとチェックが入るらしく、こういう方法は使えないという話しもある。ちょっと電話して聞いてみよう。

ローソン「関白、スマホの電子マネーでの決済という事ですが、ポンタカードアプリをお使いでないでしょうか。お使いで、そこにdカードが登録されていると、カードを提示しなくても出した事と同じになるのであります

 なんという事であるか

 確かにレシートにある数字はdカードの残ポイント数と一致する。で、dカードを出した事になるのなら、その方が都度カードを出すより楽である。nanacoカードで全てがまかなえるセブンイレブンに対し、ローソンやファミマは不便だなとずっと思っておったのである。
ちなみにポンタカードアプリを立ち上げて確認するが、ここにはポンタカード以外の登録は確認できなかった。ただ、手元のdカードとの連携がされておる事は間違いなさそうなので、何かのデータが既にあるのだろう。

 では関白は帰るぞ。


6月22日

 そばにいるから、できることがある。
私が関白である

 最新のももも情報である。

もももの父「関白、ももが最近メルカリに手を出しましてございます

 遂にそこまで手を出してしまったのか。
シェアリングエコノミーの一形態だと言う者もおるが、それは関白的に違和感があり、フリマの一種と考えるといいであろう。

もももの父「関白はやっておるで有松か?

 ヤフオクはやっておった時期もあるが、メルカリはどうも利用者のレベルが低そうなので手を出しておらん。ただ様々な需要に応える物品が出品されておると聞く。例えばPTAでベルマークを集めましょうみたいな声が出て、ベルマークを切りそろえ点数ごとに分けて学校へ持って行くなんてケースがあるとする。普通にやるとえらい手間であるし、それならそのぶん現金でPTAに寄付した方がどんだけ楽かみたいな話しになる。しかしそういう訳にもいかんのでメルカリを見る。..とそういうものを売っておる者がおるので、それを買えばよいという事になる。

もももの父「なにやら大きな荷物が届いたかと思いましたら、HEY! SAY! JUMPのハンガーでありまして

 値段を見たら結構するものだな。
何年か前にセブンイレブンで売っておったものではなかろうか。その時買えばよかったのではないかと思う次第である。

もももの父「幸いにと言うか、買う方だけでして売る方はやっておりませぬ

 売る方を始めると、どんどん物が減っていくだろう。パパの部屋のレコードはどれもたいそう高く売れると教えておこう。

 では関白は帰るぞ。


6月21日

 この高密度、絶対領域。
私が関白である

 Yahoo!のサイトでは、Tポイントカードと紐付ける事で毎日くじを引く事ができる。ただ最近色々渋くなって、Yahoo!の手が及ぶネットショップのみで使える、有効期間が短いポイントが少額のみ当たるようになっておる。それらは数日経てば消滅してしまうのだが、無効にしてしまうだけなのはもったいない。これを何かに使えんだろうか。以前もっと景気よくポイントが当たっておった時にはタワーレコードでCDを買う際に充当などしておったけれども、それに使うにしては当たるポイントがもう少なすぎる。
で、最近よいものを見つけた。募金である。例えば山中教授のiPS細胞研究所に募金するのである。1ポイントから募金でき、またネット限定ポイントも使える。今まで無効にしておったポイントが有効に使える手が見つかったのである。塵も積もれば山となると言うではないか。皆もやるがよいぞよ。

 さて先日、スーパーマイルドを買いにヨドバシカメラへ行ったついでにハイレゾプレイヤーコーナーをのぞいてみた。関白愛用のDP-S1がモデルチェンジしてDP-S1Aとなり値段が6万円と、倍以上になっておった事は驚きだけれども、デモ機に繋がっておったカナルタイプのヘッドフォンに興味を持った。デザインもよくハイレゾ対応でありながら、ローエンドに近い3,500円ほどだというではないか。
早速聴いてみたところ、高音が信じられなくよく出る。この値段のクラスでは考えられないほどである。歪みそうで歪まない。カタログスペックを見ると高域が45,000khzまで対応しておると言うから、普通のヘッドフォンとは比べものにはならない。おそらくこの価格帯では段違いでいいだろう。それがこれである。勿論音のバランスについては言う事もあるし、いまいち耳にフィットしにくいのだけれども、値段を考えれば文句はない。買うつもりで来た訳ではないのに、つい買ってしまった。レビューサイトの人気も高いようである。

 しかもスマホ対応(マイク付き)だしなと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月20日

 職種を問わず、仕事人になったら、好き嫌いと善し悪しをキチンと区切って、他者の作品や仕事への敬意を払わねばなりません。
私が関白である

 駅構内の店もほぼ壊滅状態で、残っている弁当にも人々が群がっておる。と言ってどこでも買える柿の葉寿司というのも心寂しい。仕方ないので、追加はお茶やジュースだけを買って、このまま新幹線に乗り込む事にしよう。もう発車時間ギリギリである。予定していたお土産も諦めざるを得ない。ももも話せば分ってくれるであろう。今回は神戸メインだったから、何か神戸のお土産があるとよかったのぅ。

もももの父「関白、われわれ神戸のお土産は買ったことありませぬ。っていうかしょっちゅう行きますので

 帰りの新幹線は窓際を取った。窓際が取れるから終電より一本早めたと言っても過言ではない。窓際は落ち着くものの、しかし車内販売が買いにくい。折角駅弁を売りにきたから見てみてもよかったけれども、もうこのまま帰る事にした。

 そんな訳で地元の駅に着き、スミちゃんのご飯をあげてくれた者にお土産を渡し、館に帰る。スミちゃんはお腹をすかせておったのか、関白を見てだいぶおかんむりであったと言えよう。

 期間中のPiTaPa利用分はPiTaPaのサイトで確認できる。オートチャージのJR分二千円と私鉄利用分およそ二千円の、合計約四千円だった。意外とかかったのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月19日

 こだわりが回る。
私が関白である

 割り込みだが、まいばすけっとでおむすびセット300円を買った。大きめのおにぎりが3個と簡単なおかずが少々入っておる弁当だった。おにぎり好きの関白はタマに買っておったのだが、久しぶりに見ればおにぎりの大きさが小さくなっておる。心なしかおかずもミニサイズになっておらんだろうか。容器の大きさが変わらんので明らかに隙間が出来ておらんだろうか。便利な時代になったもので、画像検索すると、以前のものからとは明らかに小さそうである。
こういう事は昨今よくある事であるが、どうにも面白くないものであるのぅ。

 難波での待ち合わせに向かう。しかしここでは買っておきたいものがあった。それは「りくろーおじさんのチーズケーキ」である。700円しない割りにがっちりした食べ応え、そもそもうまい、と、行列になっておる、大阪らしい大阪名物である。その本店は待ち合わせ場所からは徒歩5分程度だったので、待ち合わせの前後に買いに行ってこよう。
りくろーおじさんのチーズケーキの店頭には行列ができておった。焼き立てのチーズケーキを求める列であるという。これを待つと20分ほどかかるというので、数時間前に焼き上がっておるという、作り置きのものを買う事にする。どうせすぐに食べる訳ではない。
買ったら、他の者が待つ店へ直行し、久しぶりのメンツで飲むのである。ひとしきり話しをした後は、御堂筋線で一気に新大阪駅へと向かう。ここで、食べ足りない分を駅弁で満たそうとした。駅弁屋は何軒もあるものの、もうこの21時前の時点で売り切れ店じまいがほとんどだったのである。そうでない店も置いてあるものが限定的なので、あまり良さそうなものがなかった。残っておるというのはそういう事である。
 551蓬莱やりくろーおじさんのチーズケーキは行列だし、仕方ないので神戸屋キッチンのサンドイッチ30%オフを買う事にしよう。改札内にも店はあるから、そこでも何か選択肢はあるかも知れん。

 では関白は帰るぞ。


6月18日

 僕は「夢はかなわない確率のほうがずっと高い」と思う人間です。
私が関白である

 ちなみに今回の関西ツアーのように東京から新神戸に行く場合、実は新神戸を超えて西明石までの往復にした方がむしろ安くなる。かなり先の駅になるというのに面白いもので、憶えておきたいテクニックである。関白はこれを知らずにみどりの窓口で購入しようとしたところ親切な係員が教えてくれたのだが、しかし連れは高いまま買ってしまったという。皆も気をつけるがよい。

 書き忘れていたが、あぐろの湯は貸しタオル付きで1,100円だったが、350円割引券を4枚もくれた。隣のアグロガーデンというショッピングセンターでも割引券やタダ券を出しておるようなので、実はかなり安く利用できる施設という事が分った。だからといって次にこの辺りに来るのがいつになるか分らんから、割引券とかもらっても使えんと思うのだけれどもな。今回もらった割引券も、9月いっぱいまでだしな。

 地下鉄新長田駅とJR新長田駅はすぐ近くにある。西明石からの乗車券があるので、ここからはJRで大阪へ向かう。この辺りは建物は一様に新しかったが、なぜ新しいのか考えると、あの震災に思いを寄せざるを得ぬ。
 これから難波で待ち合わせがある。大阪の民との触れ合いの時を持つのである。乗り換えのJR大阪駅のセブンイレブンで、お土産コーナーをのぞいてみる。やはり大阪はコテコテ系の、押し出しの強いものが多い。ひょっこりはんのお土産も出ておった。
もももの父は「面白い恋人」を気にしておったが、それは見かけず、今は「大阪の恋人」となっておるらしかった。これを買っていくべきだろうか。なにせ時々贈り物をしておかんと電話にも出てくれぬ彼であるからな。
まぁ、お土産は荷物になる故、最後に新大阪駅で買うとしようか。

 では関白は帰るぞ。


6月17日

 新人バンドなどがよく説得される言葉が「今だけ、ちょっと妥協しろよ」「売れたら好きなことができるから」。でもそれはウソです。自分の信じることを貫いてブレークスルーしなかったら、そこから先も絶対にやりたいことはできない。
私が関白である

 元町からホテルに帰る。いよいよ明日は今回の関西ツアー最終日である。
明けてこの日はホテルをゆっくり出て、会場で賞の贈呈式を見た後、離脱する事にする。色々行くところがあるのである。まず新長田へ向かい、乗り換えて海岸線で一駅の駒ヶ林駅へ行く。海岸線は、その名の通り海岸寄りを走る、つまり震災後の再開発地域を通る地下鉄である。実はここにスパがある。ここで今日の風呂に入っておこうと思ったのである。この辺りには銭湯も何軒かあるのだが、とりあえず今回はスパにする。
あぐろの湯はショッピングセンターに隣接する施設で、温泉であるらしい。塩分を多く含む、ラクーアに似た泉質である。

 ここは一時間ほどで出て、次は先ほど通過した新長田に戻る。新長田は神戸出身の横山光輝氏の作品を復興のシンボルとしており、海岸線の駅には駅ごとの三国志の大きな絵が描かれておる。そして新長田には実物大の鉄人21号がおるのである。新長田を通るからには、この機会に一度見ておかねばならない。
海岸線新長田の駅には大きな鉄人21号の絵が、そして海岸線の車両には、鉄人21号の骨格のシールが貼られておる。横山光輝ティストあふれる路線である。その車両で新長田へ戻り、1番出口から地上に上がる。西友だか東急プラザだかの建物をぐるっと回ると、ちょうど反対側の公園に鉄人はおった。想像したより大きなものだったが、よくこれを作ろうという発想になったものである。

 新長田の大きなアーケードを向こうまで行くと、横山光輝氏のミュージアムがあるらしかった。確かに近隣にそういう施設を作っておかんとお金も落ちにくい。だが結構向こうにあったため、往復の時間を考えると次の予定にも間に合わない可能性があった。途中まで向かったものの、残念だが次回にするとしよう。っていうか後から分ったのだけれども、KOBE鉄人三国志ミュージアムは先ほどの駒ヶ林駅のすぐ近くだった。これは調査不足だったけれども、一駅あるという事はそりゃ遠い訳であるのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月16日

 大切なのは音楽の作り手として何が重要か、自分はこれでいいのかという自問でしょうね。勢いと熱だけでは続かないのが仕事です。
私が関白である

 ZenBook3のACアダプダの件だが、MacBook付属のACアダプダではHDMIなどを接続するアダプダを介しては本体の充電ができなかった。しかしやはりというかZenBook3本体付属のACアダプダでは充電ができた。そしてNintendo Switch付属のACアダプダもできたのである。MacBook用が29W、Switch用が39W、ZenBook3純正が最大45W(20V出力時)と、MacBookとSwitchとで10Wも違いがあった。このためであろう。ちなみにGPD PocketのものはMacBookよりさらに低い24W、しかも今や古くなったRevision1.0の12V対応である。アンカーのPowerPort5 USB-Cに至っては15W(5V出力のみ)だった。これでは、スマホの充電はできてもPCには不自由しそうじゃ。しかもRevision1.0にも対応しておらんっぽい。
PD対応のACアダプダを探しておったのだが、手元にある中では三千円ほどで買える任天堂製のACアダプダが安心できて実用的な商品だという事になった。持ち歩きの際にはこれにしよう。
Amazon.comではZenBook3に使える互換ACアダプダが、送料込みで$40くらいだったがな。

 学会、この日の夕方のコマが終わり、この後は学内で懇親会となる。だが我々の大学の者達はこれから元町へ向かう事にする。明日から学会に参加する教員のホテルに集まり、みんなで飲みに行こうという事なのである。ちなみになぜこの教員は二日目から参加するのかと言えば、フランスからこの地に直行してきたからである。
教員が泊まっておるホテルから中華街はすぐ隣だった。店の選定は中国人の教員がやってくれ、失敗のない店選びを行ってくれた。国際色豊かな教員たちはありがたいものである。なにせ本学経済学部は70人以上の教員がおる大所帯なのである。
酒を飲みながら学内の話しを聞く。あの先生はどうとかダメとか。こういう機会が、秘密の話しが出てきて非常にタメになるのじゃ。こういう事が、学会参加の最大のメリットと言っても差し支えないだろう。

 ももももこの輪に加わる日も近かろうと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月15日

 市井の黙々と真面目に働いている人間が一番偉い。それが僕の信念です。
私が関白である

 その後相方とも合流し、この日は寝る事にした。
翌日は朝8:40にホテルを出る。この日もPiTaPaを活用しておるので、チャージ不要で非常に楽である。また、年に一回は使っておらんと年会費千円が取られてしまうので、そういう意味でもPiTaPaは使っておかんといかんのである。

 会場である兵庫県立大学の最寄り駅、学園都市駅に着いた。
駅前のマクドナルドで朝食を買い、大学の休憩室で食す。さあこれから学会の始まりである。学会の中身については多くの者が興味ないだろうから簡単にするが、最初に入ったコマで、席に座ろうとすると前の者が関白をガン見する。知り合いかと思ったが記憶にない。後で分ったのだけれども、彼も同じ大学の者だった。参加者はみな首から名札を下げており、関白は大学の名刺を入れておったので知り合いかと思われたようである。さらに本学関係者からの情報で、彼は別の学部の者である事も分った。経済学会と言っても経済学部の者だけが来る訳ではなく、経営学部も来るのである。そこまで行ったら大抵分らん。

 一コマ目が終わったら、ちょっと学内を探検してみる。
この週末は生協も休みである。学園都市は、大学がいくつも集積しておる場所だが、周りは緑が多い。まるでどこかの大学の多摩キャンパスのようである。周りに買い物ができる場所が少なく、学内で調達できないといきなり入手難度が上がる事事も似ておる。土曜に学内でやっておるのは学食のみだった。しかも縮小営業なのかメニューが煮込みハンバーグのセットしかなかったのである。480円であった。

 では関白は帰るぞ。


6月14日

 僕は職人の魂で仕事をしたいと思いますが、自分の昔の価値観や経験則にこだわり過ぎるとたちまち時代に取り残される。それを避けるためには必死に自己変革や学習を続けるしかないのです。
私が関白である

 雨が多少弱くなってきた気がした。この隙にホテルへ行こう。その前に駅のファミマで 大スポを買わねばな。
よく見たらホテルの前にもセブンはあるし、ホテルの2Fにもファミマがあった。ホテルにはフィットネスクラブもあるし、実は結構いいホテルなのではなかろうか。
チェックイン後、エレベータ前に男子高校生の集団がたまっておった。そうお安くないホテルかと思ったけど、高校生団体が泊まるという事は、安くする手は色々あるのだろう。

 部屋はセミダブルにアップグレードされておった。水道の水は、この地のものを処理して使っておると書いてある。そういえばここは六甲山も近い地であったな。
 関白のツアーには必ずPCを持って行く訳だけれども、今回のPC環境には秘密兵器がある。それは15inchの外付けディスプレーである。USB電源で稼働し、持ち運びも容易なこれは、外でデュアルディスプレー環境を作るにはよい。やはり画面が一枚では狭いのである。ホテルのテレビを2画面目に使えない事もないかも知れんけど、フルHDではない事もあろうし、そもそもPC接続ができないかも知れん。今回は試験投入である。
しかし一点困った事があった。持って行ったACアダプダがMacBookのものだったからか、そしてそれをZenBook3につないだからか、ディスプレーに電源が回っても、PC本体の充電まではできなかった。電源容量的な話しかと思い電源をUSB充電器から取るようにしても変わらなかった。勿論ACアダプダを直にPCに挿せば充電はされるのでどういうトラブルかよく分らんけれども、次は本体に付いてきたACアダプダを使ってみるとしよう。

 夜は、ホテル1Fのバイキングビュッフェを利用する。
この他にも色々なレストランが入っておるのだが、1Fと比べて圧倒的に高い。そごうの店より高い。カジュアルな店ではないのだろう。そんな訳で1Fにしたけれども、それでも三千円はしたのだった。寿司やステーキ、天ぷらもあって、それらはその場で作ってくれるし、味も決して悪くない。しかしここは酒が高いのが残念だのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月13日

 僕はアーティストという言葉が好きではありません。知識人とか文化人といった、上から目線の「私は君たちとは違う」と言わんばかりの呼称も全く受け入れられない。
私が関白である

 関西ツアーの話しに戻る。
西神中央駅に着いた。若干の雨模様だったが、傘はない。100円ショップはこの雨の中を向こうに行かねばならぬので、その前に近辺を探る事にしよう。この地は地下鉄の終点ながら各種施設が充実しておって、駅前の、運動会でもできそうな広場を取り囲んでスーパー、ショッピングセンター、そして本日宿泊するホテルがある。
 改札の目の前にそごうがある。晩ご飯はまだだが、それほどには腹はすいておらん。まだ食べないにしても、一応上のレストラン街を偵察してみよう。そうしたらば、どこも結構なお値段がする。デパートのレストランと言えば昔はファミリーのくつろぎの場であったはずなのだけれども、この西神中央という場所は高級住宅街なのだろうか。いや、地図で見る限りかなり整地された場所で、団地やマンションが建ち並んでおる。高級住宅街というよりはベッドタウンのはずである。逆に高級住宅街ではないからこそ、支出余力のある層向けに、そういう店がステータスあるデパートの上に入ったのだろうか。

 ちなみに神戸は都市計画と共に広がっていった地であるとも聞く。もしかしたら、この地の人口が増えたら路線を延伸していくのだろうか。だからこその西神「中央」という地名なのかも知れぬ。街の成り立ちの経緯はここにあるが、この仮設は実証されるのか。
上から見たら、西神中央駅のさらに向こうには車庫があり、そこを整理するにして、その先には何か倉庫のようなものが行く手をふさいでおる。それをどかしても今度は小さな山並みに当たるのである。簡単ではないかも知れぬな。

 では関白は帰るぞ。


6月12日

 命のそばに。
私が関白である

 関西ツアーが愉快に続いておるが、それはそれとしてここで割り込みである。
今夏のコミケ、残念ながらまたQ&A RECORDSは落選してしまった。これで多分2年くらい出ておらんと思うのだが、そうなったらなったで今度は長期当選しないサークルとして優先されるに違いない。だが、我らが盟友ロリータソフトは当選しておった。

  ◎貴サークル「ロリータソフト」は、金曜日 西地区“や”ブロック-41b に配置されました。

 またSAYOKOシリーズの何かを出すと思うのだが、今から期待が止まらないものである。

もももの父「関白、新幹線の女はどのようにどかしたので有松か?

 うむ。柔らかな視線を与え、「お嬢さん。私の席に荷物を置いていないですか~」というオーラを全身より発しながら、優しく自らの改心を促したのである。

もももの父「さすがは関白であります

 そういえば君は、街で外人に道を聞かれて、目力で教えておると聞くが。

もももの父「御意にございます

 だいたい指さして"Go straight"とか言っておけば問題ないであるぞよと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月11日

 レコードが発売される以前の状態に戻るんじゃないですか? 音楽でお金を稼ぐには、実演しかないという。昔のダンスパーティーとか、生演奏で踊るっていうことが盛んになってくるかもしれない。そういう意味では、ダンスと音楽が不可分になっている現状は、当然の結果でしょうね。
私が関白である


 関西ツアーが愉快に続いておるが、それはそれとしてここで割り込みである。

もももの父「関白、もももが部活に入るとか言いまして、バイトを辞めましてございます!

 なんと言う事であるか

 先日始めたばかりではないか。犯罪的な短さではなかろうか。店も、またバイトを探さねばならないだろう。

もももの父「元々募集していた訳でもないようで、友達から紹介を受け、面接というか『いつから来れる?』というような話しだったと聞いております

 とは言いながらも慢性的に人出が足りていないらしいが。
だが悪い事だけでもない。そうなるともももの父への、自分の稼ぎで買った父の日プレゼントはなくなってしまうのか。めでたい事である
で、部活は何なのかな?

もももの父「中学に引き続いて、テニス部だという事で有松

 では関白は帰るぞ。


6月10日

 自分の曲を楽しんで演奏したことなんて、一度もないですね。人に聴かせるものだから、自分が楽しんでちゃいけないので。しかも僕はバンマスだから、ずっと後ろのことを気にしてるんですよ。あいつ、ちゃんと段取り通りやってるかな? って。
私が関白である


 そういえば、金の湯と銀の湯の間にあった太閤の湯殿は閉まっておった。タイミング悪かったのぅと思ったらそんなそうでもなく、最近事故があって職員が亡くなっておったのである。再開予定は不明じゃ。

 銀の湯は小さかった。ここは一般的な銭湯よりも小さい。ただ、奥に低温サウナがある。これは、ここが温泉っぽくない透明な泉質である事も関係ない訳ではなかろう。一応炭酸泉となっておるけれども、どうにもそんな感じがしない。成分は温泉らしいのだけれどもな。
風呂を公共簿銭湯で軽く済ませたが、他の立ち寄り湯はホテルのものになるらしく、それなりの豪華なところがあるらしい。そっちも興味のあるところだけれども、それはまた今度にしよう。

もももの父「関白、有馬温泉は日本三大温泉と言われておるそうであります

 諸説あると聞いておるが、少なくとも古い温泉である事は間違いなさそうじゃ。

 そんなところで、本日の宿である西神中央駅へと向かう。途中また有馬口で乗り換えになるのだが、目の前のホームから新開地行きというのが発車直前だった。だが、なんか地名から受ける雰囲気的にこれは違いそうだと思い乗らなかった。そうしたらこの列車が正解で、次の電車まで、ただ15分待ったのであった。この地でありながら頻度が高いのはありがたい。
 この地域にも勿論女性専用車両がある。しかし関東のが朝のラッシュ時のみの適用であるのに対し、ここのは日中ずっとなのである。うっかり乗ってしまうところであった。

 新神戸で途中下車して駅弁を買おうかと思った。新幹線が停まるなら売っておるだろうと思った。駅構内には特に駅弁屋はないように見えたけれども、地下商店街にあるかも知れぬ。ちなみに谷上駅から西神中央駅へは一本で行けるので時間のロスにはなるけれども、路線も変わるので料金はカウントし直しになる。つまり降りても降りなくても料金は変わらん。

 でも降りなかったがなと言いつつでは関白は帰るぞ。


6月9日

 歌っていうのは自分の手元を離れた後に意味合いを変えて、聴く人の意志が加わるものなんですよ。今回は特にそれを感じました。一番の典型は「クリスマス・イブ」なんだけど。
私が関白である


 新神戸には15時前に着いた。
実は、ここから30分で有馬温泉に行けるのである。噂には聞く有馬温泉、どういうところなのだろう。今日行かないと次はいつ行けるか分からん。近いし、時間もない訳でもないし、行ってみるとしようか。
有馬温泉へはここからまず地下鉄で谷上駅へ行き、そこから有馬口駅、さらに支線で一駅で有馬温泉駅と、距離の割にはちょっと面倒い。有馬温泉駅は新しいながらも小さな駅で、ちょうどこの時期、駅のおみやげ店の看板裏にツバメが巣を作っておって、この日の薄雲りさも相まって、よくツバメが駅構内を飛び回っておった。

 新神戸駅に観光案内所があり、事前にそこで有馬温泉の外湯を2つ紹介してもらった。どちらも公的なものらしく、二種類の泉質それぞれに「金の湯」「銀の湯}と呼ばれておるそうである。駅に近いのは金の湯だったが、行ってみれば金の湯だけの入浴料が650円、銀の湯だけが550円なのに対し、両方セットで850円だというではないか。せっかくなのでセット券を買うとしよう。
どちらも浴室はそれほど大きくない。大きさだけなら銭湯ほどである。実際銭湯組合とも関係があるようで、組合のポスターが貼ってあったりもする。
金の湯は鉄分を多く含むようで、金というか泥水のようである。そしてしょっぱい。塩分はかなりのものらしく、長湯すると湯あたりしそうである。ここは温泉のぬるめ(42度)とあつめ(44度)の二種類に加え、白湯がある。サウナはないが、純粋に温泉で勝負という事なのだろう。

 町は、ザ・温泉町というべきか。お土産屋もあり、温泉まんじゅう屋もあり、しかし太閤の湯殿なる施設もあり、永い歴史がある事を知らせてくれる。そういえばここは関西だったのぅ。

 エスカレーターも、右に立っておったしのぅと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月8日

 運、不運でしょう。いい曲であっても、歴史のなかに埋もれているものはいくらでもあるし。恣意的なものなんですよ、スタンダードと言っても。『クリスマス・イブ』だって、JR東海のCMがなければ"『MELODIES』のなかの1曲"だったんだから。そんなもんですよ。
私が関白である


 本日より、学会ツアーが始まる。
スミちゃんに、多めのご飯を与え、留守中のご飯やりも近所の民に依頼した。
昼の新幹線を当日に取る。何時に行くか決めてなかったのでな。そしてまずは新神戸までの旅である。よく考えたらこれまで新幹線で新神戸以遠へ乗った事がない。これ以上向こうに行くなら飛行機だろうからな。
一番早いのぞみはもう窓際の席がないので、仕方なく二人がけ席の通路側を取る。新幹線に乗ってみれば、窓際には当たり前のように関白の席まで自分の荷物を展開しておるミニスカ女がおった。あまりにその様が自然であったため、関白が席を間違えておるのかと思ってしまった。
隣の彼女はどこまで行くのか。窓際を取っておるという事は、事前に席を確保しておるという事である。となるとどののぞみに乗るかは選択できるはず。こののぞみは博多行きだから、仮に新大阪まで行くなら、少しすいておるだろう一本前の新大阪止まりののぞみを取るはず。つまり彼女は新神戸以遠まで行くという事である。ならば通路側の関白、彼女の出入りに煩わされる事もないだろう。我ながら見事な推理である。

 ..彼女は名古屋で降りていった。皆が最適な行動を取る訳ではないという事が分かったのは、いい教訓になったのである。
のぞみは京都を過ぎ、新大阪、そして新神戸に着いた。このあたりは駅を過ぎる度に隣に座る者が変わる。大きなところではやはり新大阪でどっと乗ってくる。結構中国九州地方へ行くのだのぅ。
 関白初上陸の栄誉に浴した新神戸駅、駅の近くに民家がある。新幹線の駅、それもすべてののぞみが停車する駅の沿線とは思えぬ姿なのである。

 では関白は帰るぞ。


6月7日

 僕は因果な性格でね、アルバムを作り終わったときは強烈な自己嫌悪に陥るんです。20代、30代のときなんて、"何てモノを作っちゃったんだ。これで俺の音楽人生は終わりだ"と思ってましたから。
私が関白である


 ちなみに関白邸では夜中、3-4時間おきに運動会を開催しておったにゃんこず2はどうなったか。
寝る時はケージの中に入れ、上から毛布をかけ光を遮断しておるという。そうすると朝まで大人しくしておるらしい。そう言えばお兄ちゃんの「トラ」と「フク」の里親も、2匹を夜はケージに入れておったのぅ。

 子猫は、産まれてしばらくは親猫が排泄の手伝いをする。そうしないと、生まれたての子猫はうまく排泄ができないのである。子猫の陰部を舌で刺激して、そのまま飲んでしまうのだが、2週間から一月ほどもすると成長に伴いそれも追いつかなくなる。その後はトイレをおぼえる間まで、色々なところでバイオテロが発生する事になる。カーペットが濡れている事に気づいたり、意外なところから運個が出てきたりするのである。子猫たちがおらんくなってからそういうのを見つけたりすると、にゃんこず2たちを思い出してなんとも寂しい気持ちになるのである。

 さて、まいばすけっとに入ったら、コカコーラZEROにマクドナルドのハンバーガーまたはポテトの無料券が付いておるのを発見した。コーラはここでは90円ほどだから、コーラを捨てても得な設定である。関白的にはカロリー0系の飲料に使われておる甘味料がマズいので好きではないのだが、ハンバーガーのために買ってみるとしよう。やっぱりというか、よくクーポンが配布されるポテトではなく、ハンバーガーの方が在庫が圧倒的に少なかったのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月6日

 僕はとにかく、最後の1分、1秒まであがく人間なので。okなんか出したことないですよ。"ここで時間です"と言われて諦めるだけで。
私が関白である


 最新のにゃんこず2情報である。
3匹の正式な名前を紹介しよう。しっぽが潰れているような、チョコママに似た、冒険好きでベランダからダイブした「つぶれ」は「みぃ」、しっぽが丸まった「まる/まがり」は「まる」、しっぽがまっすぐで、スミちゃんに似たしっぽを持った「まっすぐ」は「なつ」となった。いずれも、3匹の唯一の違い「しっぽ」を使ったネーミングである。

 佐倉の里親のところに出して半月後に、様子を見に関白は再度佐倉に赴いた。一軒家だが、まだ三匹は最初に入った和室から出してないという。
彼女らは幾らかは憶えておるのか、関白になついてくるのは嬉しいものである。スミちゃんの匂いも残っておるのだろうか。相変わらずイタズラ盛りの3匹。歯固めなのか関白の足の指を、かなり本気で噛んでくる。犯人はなつである。こいつは2回目のワクチン接種の時にもたいそう抵抗したと聞く。他の姉妹が小声で抵抗したのに対し、かなり元気な子である。お兄ちゃん達は、注射された事さえ分らんくらいに、なんて事なく注射されたのにな。

 そして、早くも仏壇のケーブルを噛み切ったという。関白邸でもイヤホンケーブルを2日連続で噛み切られたけれども、電源ケーブルとなれば相応に太いはず。なかなか油断ならん事だし、他の部屋にも行くようになる前には、ケーブル類の補強や隠蔽を行わなければならない。和室にはマッサージ椅子があり、裏のフタが開いて入れるようになっておったため、これは速攻で対応したらしいが、障子が破かれておった。これは三姉妹の犯行であるらしかった。
ケーブルにしても何にしても、スミちゃんはそこまでの事はなかったので子猫の頃だけのイタズラだと思うのだけれども、これから成長の過程で色々大変な事があるだろうのぅ。

 では関白は帰るぞ。


6月5日

 関白は、旅のパートナーです。
私が関白である


 既に30度近い気温の日が続き、関白邸のエアコンもフル稼働しておる。
もう暑さはこれくらいでいいのではなかろうか。そろそろ季節も冬に向かって欲しいものである。なにせ帰れば、ドアを開けて奥の部屋に行き、熱が充満した部屋の照明、エアコン、テレビを点け、お腹が減ったと絡んでくるスミちゃんのご飯を用意し、スマホを充電し、荷物を整理、そうしてようやくくつろぎの刻が訪れる。しばらくすればエアコンが効いて涼しくなるだろう。しかしそうこうしておると、もっと寄越せとご飯をねだるスミちゃんが襲来してくるのである。

 最新のももも情報である。
もももにバイト料が出たらしい。どうも週単位で出るらしく、早くももももは自分で稼いだ報酬を手にしたのである。

もももの父「さっそく、先日のゆみゆみ誕生日に何かプレゼントしたようであります

 そうすると、関白の誕生日にもももものバイト代から何か用意してくれるのであろう。楽しみである。

もももの父「次の父の日にも、きっと私にお酒を買ってくれると信じておるで有松!

 うむ..。

 では関白は帰るぞ。


6月4日

 僕の音楽人生は基本的には"座付き作家"なんですよ。ドラマでも映画でもCMでも、せっかくのご縁で一緒に作るんだったら、その作品にきちっとハマる音楽を作りたいっていう気持ちのほうが強いですね。
私が関白である


 世の中には、ショッピングセンターのくじ式来店ポイント、三太郎の日に代表される各種携帯電話会社のデイリーなプレゼントなどあるが、昨今それらが縮小しておる。具体的には抽選であれば当選確率は下がり、デイリーなプレゼントはショボくなり続ける。リフレ政策は賛成な関白であるけれども、そのために既存のサービスが縮小する事は楽しくないもので、改善を求めるものである。

 今年のゴールデンウィーク明け、青山学院大学に爆破予告が来た事で青山キャンパスが休校になった事は皆の記憶にも新しかろう。青山キャンパスからわずか10kmの距離にある我々の大学でも、万一の爆破の際の影響を懸念し休校にすべきであるという主張も一部学生に見られた。しかし青学が休校になろうとも本学は休まない。っていうか仮に本学がターゲットにされたとしても休む事はないのである。実はそれが証明された本日だった。不当な要求には従う事はないのである。

 考えれば、ある左寄りの講演が立教大学で行われる事になった時、立教は批判を恐れて講演への施設の貸し出しを直前に不許可とした。大学として誠に恥ずかしく、情けない事である。しかしその代わりの会場になったのが本学で、何も問題なく開催を許可し、そして無事に終えた。
じゃあうちは左寄りの大学かというと、かなり以前は確かにそういう評価も世間にはあったものの、近年では田母神元航空幕僚長の講演も学園祭で行われるなど、思想の左右によらず集会の自由がある大学となった。この事は誇っていいだろう。
もももが第一志望にするだけの事はあろう。関白ももももの3年後の入学に向け、一層の力を出さねばなるまい。

 では関白は帰るぞ。


6月3日

 乗る者を、未来へ。
私が関白である


 金沢まいもん寿司、回転する方だと大手町近辺には御徒町にある。ただ待ち時間がえらく長く、2時間待ちとかあるらしい。
回らない方は待たないし、子供相手だと巻き寿司を短く切ってくれたり、盛り方にもデザイン的な工夫をしてくれる。これは値段の差と見るべきだろうが、十分納得できるものである。
ちなみにコースのみ化はこの店だけの話しで、二子玉川はまた別であるらしい。

 さて、2月の雪祭り、3月の福岡での学会、と旅行を連続キャンセルしたため、どこかへ行こうという気持ちが収まらぬ。
大学生協で安いのがないかと見ると、札幌2泊3日3万円とかある。航空券だけと考えても安い。ただ2名以上で申し込んでくれというものなので、誰か連れがおらんといかんのだのぅ。

 大学と言えば、7月には夏祭りがある。
今年は6/26-27なのだが、ゲーム大会、かき氷、綿菓子などの模擬店、ラムネ配布など、プチ文化祭といった趣である。以前は4階から雨どいを繋いでジェット流しそうめんをやったサークルもある。割り箸程度では折れてしまう衝撃らしい。
時に、夏祭りのある大学というのは普通なのだろうか。

 では関白は帰るぞ。


6月2日

 曲を書く以外に生きる道はないところに、いつも自身を追い込んでいなければと思うのです。
私が関白である


 今月は少々ヒマであるから、これまでたまっていた処理を行う事にしよう。
本日は用事を済ませるため大学へ赴き、帰りに散髪のため日本橋へ行く。確か徒歩15分ほどの大手町に温泉があると思ったので、行ってみるとしよう。都会中の都会大手町の温泉は体験してみたかったのである。ここはフィットネスクラブが、風呂だけビジター利用させてくれるというちょっと変わったスタイルで、ラクーアと同じ塩分を含む温泉である。温泉脈も一緒なのだろう。

 折角なので何かうまいものを食べて帰りたいと思ったが、この辺りの寿司屋はおそらく高いだろう。
調べたら大手町に金沢まいもん寿司がある事が分った。しかも回らない珠姫である。ここもそれなりと言えばそれなりだが、タマにはいいだろう。スパのすぐ近くに魚がし日本一があって、カウンターで食べるお好み寿司が半額とあったけれども、今日はラグジュアリーな一日を過ごしたいのじゃ。
金沢まいもん寿司大手町店では、一番安い、10貫二千五百円の「加賀」を食す。他には「宝生(11貫三千五百円)」があるが、安いのを選んだ代わり、お好みで追加してみたかったのである。酒は黒帯を選び、お好みで穴キュウ巻とかんぴょう巻、そして能登もずく酢を選んだ。4,869円。
この店、金沢の店らしく醤油は大野の醤油を使っておるらしい。カウンターには甘口と辛口二種類の醤油が用意されており、店のお勧めは甘口らしい。関白は醤油皿を二つもらい、両方を試したのであった。

 しかし困った事に、この店は11日からおまかせ寿司コース「浅野川」を基本にするという。お好みだけで食べる事はできなくなるという訳じゃ。それだけならともかく、コースの価格は六千円か八千円というではないか。場所を考えて客単価を上げまくろうという考えか。となると簡単に来れなくなる。ランチはこれまで通りというがな。

 このあたりはオフィス街だから日曜は休みらしい。魚がし日本一が半額をやっておるのもそういう理由だろうと思いつつでは関白は帰るぞ。


6月1日

 ロックンロールの場合、ギターコードを三つ知っていれば曲が作れてしまう。でもその程度では100曲は書けません。自分の魂の叫びがいくら強くても、すぐに限界が来るのは冷徹な事実です。音楽表現を長く続けていくためには、継続的な訓練と学習が必要なのです。
私が関白である


 先日dショッピングで買い物をした際にメールが来なかった件だが、メッセージRで届いていた事が分った。これはちょっと気づきにくい故、普通のメアドに送って欲しいものである。

 そいでもって、明日は百万石祭りのメインイベント、百万石行列の日である。
金沢駅から金沢の中心部まで、大名行列がねり歩くのである。

もももの父「関白、ももは行列を見てからバイトに行くと言っております

 多分デートであろう。状況からして明らかである。
しかしこの週末は、百万石祭りとその関連行事、ミリオンロック、ツエーゲン金沢vs京都パープルサンガ、羽生君も出るファンタジーオンアイスなど、大型イベントが目白押しである。金沢市中心部と、産業展示館周辺は身動き取れまい。

もももの父「自宅周辺が行列コースになっておりますので、車を出すにも大回りしていかねばなりませんし、中心部は車が通れませぬ。地元民は観に行かないイベントだと言うのにで有松

 関白の子供の頃は、小中学校は休みだし、行列もデコレーションカーを楽しみにしておったのにな。
ついでに言うと、昔は利家公は市民応募ではなかっただろうか。観光客向けか、いつの頃からかタレントを起用するようになったけれども。

 調べたら、第33回からのような気がすると言いつつでは関白は帰るぞ。