title

以前の一言はこちら→ older


Q&A RECORDS トップページへ



to_kanpaku



どの日に突っ込む? 突っ込みの言葉



■ 2018年 先月 来月→

4月19日

 Love dies only when growth stops.
私が関白である


 先月末、東北芸術工科大学教授でコンテンツ文化史学会会長の吉田正高先生が亡くなられた
心筋梗塞だと思うのだが、隣で寝ている家族も気づかぬうちに亡くなっていたという。48歳であった。先月学会で会った時には、いつものように元気だったのだが..。
 告別式は4/8に行われたが、各方面からの弔問客が多数訪れ、故人を惜しんだと聞く。関白は当日山形までは行けなかったので知人にお香典を託した。自分の分と、2011年に講演していただいたSF大会の静岡大会としての分である。
香典返し不要と言っておいたのだけれども、その場でお返しをいただいた。まだ未就学の子供2人と、体調がいいとは言えない奥さんを残してという状況の中でこういう気遣いは不要だろうにと思いつつも、折角なのでありがたくいただくとしよう。ももも邸にも送っておくものである。

 しかしここ最近こういう話しをよく聞く。我らの世代がそういう頃に来ておるのだという事なのだろうが、若い頃に無理をした者がやはり早く亡くなっておるように思う。水木しげる先生は長寿だったが、睡眠時間が長かったのがよかったという話しもある。
万一の時、単身者だと孤独死になってしまうので、それもまた迷惑をかけてしまうのぅ。

 では関白は帰るぞ。


4月18日

 Peace begins with a smile.
私が関白である


 関白邸の最寄り駅からほど近いところに、家族で経営しておる中華料理店がある。
関白が上京してくる前から存在しておる店だが、消費税導入後から徐々に値上げが始まり、それまでは廉価な中華屋だったものが、そのうち矢口相場のレベルを超える価格までに上昇してしまった。例えば最近ではカツ丼、オムライスなどが880円になった。数年前まで近くにあった食堂では自家製のぬか漬けが付いたおいしいカツ丼が550円くらいだったから、割高感は以前からあった。
しかしというか、最近値札が変わったかと思ったら、さらに値上がりしてしまった。カツ丼など900円である。カツ丼は揚げたてのカツで作ってくれるとは言っても、ちょっとこれではなかなか足が伸びない。味は悪くない店であるものの、昨今昼食の激戦区となった矢口渡商店街の中で、この店はどうなっていくかのぅ。

 さてイクミママのどうぶつドーナツである。
先週土曜に元住吉の本店を通りかかったところ、なんと営業しておった。今月中は休みのはずと思ったら、だいぶ批判があったのか一部の土日だけ営業する事にしたらしい。..と思ったらこの火曜まで蒲田東急プラザにも臨時店舗が出ておったではないか。あまり手を広げすぎる事なく頑張って欲しいものである。

 では関白は帰るぞ。


4月17日

 気がつけば、関白。
私が関白である


 関白は、シャンプーに資生堂のスーパーマイルドを使っておる。およそ20年は使っておるだろうか。
いま使っておるものがそろそろ足らなくなってきたので、補充にドラッグストアに行った。蒲田の薬のカツマタが先週から改装再オープンしてtomo'sになったのだが、何か開店セールでもあるだろうか。そう思って赴いたものの、しかし以前あったものが置いていない。オマケに開店セールもないのである。じゃあヨソにあるかと思い何軒か回ったがやはり置いてない。
もう製造中止なのか。ネットでも同じような懸念を持つ声がある。まぁネットの方は何年かに一度出てきておる話しのようだけれども、いずれにしてもこれまで手に入ったものが手に入らなくなったという事なのである。
最悪Amazonや資生堂公式で買う事が出来るので製造中止とかではなさそうだが、流通に何かあったのはおそらく間違いなかろう。ともかく、手に入りにくくなったとすれば困りものじゃのぅ。

 確実な話しを求め、資生堂に電話してみた。
スーパーマイルド自体は別に製造終了した訳でもなく、ただどうも欠品しておる事は事実らしい。次回発注開始は5/10からの半月ほどだそうなので、モノが充足してくるのはそれ以降になるであろうとの事であった。
 ついでに以前から気になっておった事を聞いてみる。セブンイレブンのプライベートブランドで、スーパーマイルドのミニサイズセットに非常によく似たものが売られておる。あれの中身はスーパーマイルドなのかな?
しかし返事は得られなかった。非常によく似たデザインで、しかもセブンイレブンのように全国区で売られている商品がコピーとなれば資生堂も黙ってはおらんだろうから、おそらく中身は資生堂の正規品なのだろう。だがそれを資生堂が明言できる訳はなかったのである。

 では関白は帰るぞ。


4月16日

 It always seems impossible until it's done.
私が関白である


 そういえば先週金曜はもももの父の誕生日であった。如何にも13日の金曜日的なトピックでなかなかよろしい。
どうせ家庭内でも祝われないだろうからして、関白からプレゼントでもしようか。例えばこれとかどうだろう。もし断言する事にはばかられるならば、こういうものもあるのだぞ。

 さて、ドコモのiPhoneでauのauスマートパスアプリなどを使用し、ガラケーへの移行に自信を深めておる関白である。
しかしある時iPhoneを持って出るのを忘れてしまった。ローソンで使いたいクーポンがあったというのにと思ったが、それならAndroidでauのアプリを落とせば同じ事なのではないかと考えた。だがGoogle Playを探してもauスマートパスアプリがない。AppleはiTunes Store以外のアプリマーケットを認めておらんのに対して、Googleは自前のアプリマーケットを(一応)作る事が出来る。なのでAndroidのauスマートパスアプリはauのアプリマーケットにのみ置いてあるのだろう。auのアプリを他キャリアで使う場合には、iPhoneを使わねばならないという訳であるな。

 では関白は帰るぞ。


4月15日

 My life didn't please me, so I created my life.
私が関白である


 チャンピオンカレーと言えば、この12日から銀座の石川県アンテナショップで、限定ながらも提供されると言うではないか。
しかし地下のイートインコーナーが最近は夜の営業を止めたので昼のみ提供で、そして一日6食限りと、とても食べられるような気がしない。しかも量も価格もチャンピオンカレーの値段と違うという。おそらく少なくて高いのだろうが、そこは銀座の客層とか地代とかとかあるのだろう。

 さて、ひょんな事から関白はリッツカールトンのゴールドエリートメンバになった。今後こういうのを活用するシチュエーションも出てくるであろうという判断である。またリッツカールトンとマリオットホテル、スターウッド・ホテル&リゾートは今や同じ系列なため、それらでも部屋のアップグレードなどのサービスが受けられる訳だが、しかしよく見たらば関白の行動範囲では使える場所がない。札幌も金沢も系列ホテルがないのである。リゾートホテルが主だからそんなものなのかも知れんけど、都心か大阪か広島で使うとしようか。

 では関白は帰るぞ。


4月14日

 こだわりが回る。
私が関白である


 まいもん寿司では、カウンターに案内されたのに寿司は皿に盛られて出てきた。
回らない寿司は一貫づつ出てくるものかと思っておったが、まぁ好きな順番で食べられるからいいか。

 さて翌日も金沢の味ツアーは続く。次はチャンピオンカレーである。
東京では2軒しかないし、しかもどちらも千代田区という偏った展開をしておる東京のチャンピオンカレーである。20時で閉まるから急がねばなるまい。四ッ谷駅を降り、上智大学の横を入っていくと店があるのだが、看板に電気が入っておらん。まだ19:35くらいだからやっておるはずではないのか。しかし見てみれば店員がもう帰り支度をしておる。そして入口には「売り切れ」とある。声をかけてみると、トッピングの揚げ物がもうないので閉めたのだというではないか。だけれども、トッピングがないチャンピオンカレーであれば出せるというので、閉店状態の中、用意してもらうことにした。
 チャンピオンカレーとサラダを食す。そういえばいま北陸とらいあんぐるとのコラボ期間中でポストカードを配っておるそうだったが、まだあるか聞いてみよう。

あぁ

 いや、これを目当てに来た訳ではないのだぞよ。
それはそれとして、ケンミンショーでも取り上げられる事が少ない石川県テーマのマンガである。絵柄も可愛いし、おいおいコミックも買っておくとしよう。

 しかし、22日に終了なのにまだ余っているからとポストカードも何枚かもらったり、POPまでもらってしまったのだと言いつつでは関白は帰るぞ。


4月13日

 糖から未来を作る。
私が関白である


 新年度も始まり、今春はももの用事のついでに金沢へ行くような事もなく、折角なので東京で金沢の味を味わいに出る事にした。
二子玉川の楽天リサーチに赴いた帰りである。二子玉川には先月末、留学生の修了祝いで行った寿司屋もあったのだが、その際の候補として考えていた店がもう一軒あった。それは金沢まいもん寿司であった。
結局その時は我らが友人、回転寿司王米川伸生氏のアドバイスでCHOJIROにしたのだけれども、ではまいもん寿司はどうだったのか。答え合わせに行ってみるとしよう。
場所は玉川高島屋SC南館にある。玉川高島屋と言えばブランドショップばかりが入っておる、如何にも二子玉川的なショッピングセンターである。まいもん寿司と同じフロアにBOSEショップもあったけれども、電気街以外で見たのは初めてじゃ。

 そしてまいもん寿司の前に行く。だが思っておったのと違うではないか。なんとここは、まいもん寿司に何軒かある回らない寿司屋だったのじゃ。さすがは二子玉川、一筋縄ではいかん。折角だから入ってみよう。
 回転しないので、お好みかにぎり一人前で頼むかとなる。中島らもも言うが、にぎり一人前を頼むのがいい。にぎり一人前に常識外れの値段を付ける寿司屋はおらん、という原則に基づき、にぎり一人前を頼むとしよう。
にぎり一人前も何種類かあり、松竹梅とかではなく、それぞれに「長町」「卯辰山」「武蔵が辻」など金沢の地名が付いておる。しかし一番安い長町でも2,800円だし、この時期の一押し「春の彩御前」は4,200円であった。
長町に、巻物2本と加賀鳶一合をいただき、会計は4,719円だった。しかしさすがに寿司はうまく、値段だけの事はあったと言えよう。お好みで頼めばこんなものでは済まないが、あまり気にせず気軽に来られる位の稼ぎは持ちたいものだのぅ。

 ランチならもっと気軽だのぅと思いつつでは関白は帰るぞ。


4月12日

 405名の新・遊歩人。
私が関白である


 毎春、他社のブランドとコラボするユニクロのUTシリーズである。
今年は注目のアイテムがあった。Rolandと、TR-808デザインのTシャツでコラボしたのである。ちなみにもある。以前はRoland GAIA SH-01をモチーフにしたものもあったようじゃ。一着千円くらいなので気軽に買えるであろう。だが、もうとうに作っておらん40年近く前のリズムマシンをモチーフにするとは、TR-808の影響力が今日如何に大きいかが分ろうというものである。

 さて、ももの高校の全面全段広告の載った北國新聞が送られてきた。新入生が全員載っておるという、地元では噂の広告である。2部依頼したから送料込みで355円であった。楽天銀行の無料振込回数が残っておるから、速攻で振り込んでおこう。
で、ももはどこに載っておるのか。多分この、一昔前のアイドルと言った趣のこの子だろうか。なにせ最後に会ったのが一昨年の夏の温泉ツアーだから、イマイチ確証が持てぬ。タマには写真くらい送られてきてもいいではないか。
それにしても女子は全員セーラー服だった。100%である

もももの父「関白、ブレザーを選ぶ子など誰もおりませぬ

 これは同調圧力というものではないのか。
昨今、スカートの代わりにスラックスさえ選べる学校もあるというのに、もうちょっと多様性があった方がいいのぅ。

 では関白は帰るぞ。


4月11日

 Love the life you live. Live the life you love.
私が関白である


 蒲田駅である。
最近西口をキレイに整理し、植え込みを少なくしフラットにしてちょっと広くなった。そこではチラシを配る者、自転車で乗り付けて大声でわめき散らす警察にもおなじみのキチガイ、そして演説をする者など、様々な者達がおる。この日は憲法9条改正反対の演説と署名活動を、民間団体が行っておった。
関白はその様を、電話をしながら見ておったけれども、それが終わると関白の元にも署名を求めて名簿を差し出してくるではないか。関白が、憲法は変えてもいいと思っていると言ったらば、信じられないといった顔で退散していったが、みんながみんな自分と同じ考えを持っておるとでも思うのだろうか。いい年をして困った奴らである。

 さてにゃんこず2だが、子猫用のフードを与えてみたものの、実はほぼスミちゃんが食べておったようである。
子猫たちはこれがまだ食べ物だと認識できておらんようじゃ。子猫向けミルクも、飲み方が分らんのかなかなか手を付けない。スミちゃんが、こうやって飲むのと言わんばかりにゴクゴク飲んでおっただけである。

 しかし毎日の運動会は、だんだん激しくなってきておると思いつつでは関白は帰るぞ。


4月10日

 If you can dream it, you can do it.
私が関白である


 にゃんこず2である。
昨今成長著しく部屋を飛び回るようになり、今まで足を踏み入れてなかった場所へもどんどん入って来ておる。そしてもう誕生一月だから、そろそろ離乳の頃である。思い立って、子猫向けのフードを与えてみよう。
紙皿にあけ、にゃんこず達の前に置く。最初はこれを食べ物だと認識できておらんかったようだが、いつの間にか完食しておった。しかも皿を、びっくりするくらいツルツルにしておるではないか。これからは、こんな感じで大人の階段を上っていく事であろう。

 さてこの日曜は「もえよせ」という寄席に赴いた。
なぜか。それはこの日のゲストが我らが門脇舞以嬢であり、彼女のTwitterで告知されておったからである。ライブの打ち上げなどではいつも関白と笑顔で話しをしてくれる彼女、そして春風亭吉好氏による、萌えをテーマにした新作落語とトークショーという事で、こういうものもタマにはよかろう。
 事前にメールで予約し当日赴くが、こんな事でもなければ足を踏み入れない清澄白河。と言っても隣の駅にはバンダイナムコスタジオもあるような場所なのだが、ともかくこの日の会場は、清澄白河の駅に近い、博物館もある意外に小さな場所であった。
よっぽどファンが集まっておるかと思ったら、意外に人の姿を見ない。2Fが劇場で、1Fが博物館なのだけれども、受け付け開始近いというのに数人程度しかおらん。受け付け開始時間ジャストに上に上がったら、当日券の一人目が取れてしまったではないか。
しかし整理番号は1番ではない。前回のもえよせで前売りを買っておる者が6名おるからである。

 まだ続きつつでは関白は帰るぞ。


4月9日

 Change before you have to.
私が関白である


 ももの高校も、今週から本格始動のはずである。
高校のCMを見ると、女子の制服はセーラー服ばかりのようだった。元々女子校時代はセーラー服の高校だったので、そっちを選択する者が多いのかも知れぬ。となると、関白が当初予想しておったブレザーではないかも知れぬのぅ。

 さて、ももの高校の進路情報が出てきた。それによれば関白大学の合格者もおらん訳ではないようである。ただ数年に一人とかいう感じのようで、しかも調べてみれば一般進学コースの進学はみな体育会推薦入学ではないか。特別進学コースならばまだ一般入試で入る可能性はあるものの、このままでは関白の後輩になる道は厳しそうである。高校の授業がアテにならないとなれば、関白直々に授業を行わなければならない。

 さて、先月からマクドナルドが、アプリにdポイントカードを登録するだけでナゲット5個をプレゼントするキャンペーンをやっておった。これはいいとばかりに、手持ちのドコモスマホ、タブレットに可能な限りマクドナルドアプリを入れ、dポイントカードを登録した。スマホが3台、タブレットが2台あると結構使い出がある。
さてこの日曜に使おうかと思って確認すると、ナゲットクーポンは日曜早朝が有効期限だった。なんという事だろう。それでも3回使ったし、どういう条件かよく分らんながらも、うち一台だけにはハンバーガー無料クーポンも届いておった。ありがたく使ったが、今後ともこのようなキャンペーンは遠慮なく行っていいものである。

 では関白は帰るぞ。


4月8日

 There is always light behind the clouds.
私が関白である


 皆も知る通り、関白は都内の銭湯を巡っておる。
仕事に出て、終わった後に大江戸線で大門を超えて月島方面の銭湯へ何軒か行ったが、実は反対方向にはもっと近い場所に未踏の銭湯があった。そっちに行ってみるとしよう。噂では芸人もよく見られるという銭湯じゃ。
駅から少し歩くとその銭湯はあった。立派な作りだが、入り口に注意書きがある。渋谷区ではLGBTの地位を認める条例が成立しているが、当店ではそれに与しないというような意味の文章である。これは何だろう?

 中に入り、タオルを借り、更衣室に行く。浴室へ続くドアにはまた変な事が書いてある。ロッカーキーは足首に付けず手首に付けて欲しいという言葉である。もうここで確信を持ったのだが、ここはゲイのハッテン場だったのじゃ。ゲイは相手を見つけやすくするため、ロッカーキーを足首に付ける。そして、右に付けるか左に付けるかで自分がタチかネコかを表すという。
中は普通の銭湯だし、時間がまだ早いからか浴室内では怪しげな行為は見られない。ただ、普通の銭湯では見られない注意書きが貼られておるのは、もうそういう場所なのだろう。

 しかしというか勿論というか、関白は無事生還できた。銭湯に罪はないものの、多分もうここへ来る事はないだろう。
ここは場所柄故だろうが、普通の施設がこうなってしまう事は残念ながらある。解決されていかねばならぬ問題だのぅ。

 では関白は帰るぞ。


4月7日

 未来を創造する。
私が関白である


 本日はいよいよももの入学式である。
ももの写真が載った、全面30段の新聞はどこで入手したものだろう。北國新聞に電話して聞いてみた。すると、定期購読でない場合は一部130円、送料65円ほどで請求書払いで送ってもらう事が出来るらしい。もももの父も送ってくれるとは言うが、万が一の事はあってはならない。一応こちらでも申し込んでおくとするか。

 さて、仮面ライダーWのその後のストーリーを描いた「風都探偵」が、この程1,2巻まとめて発売になった。
ミュージアムが壊滅した後、風都に残されたガイアメモリを悪事に使う者達の話しで、脚本三条陸、ドーパントデザイン寺田克也と、まさに本物の仮面ライダーWである。このような形で続編が描かれるのはちょっと記憶にない。人気のあった仮面ライダーWならではではなかろうか。中身はと言えば非常に良質なストーリーで、ファンなら是非読むべきであるが、この漫画家は顔は描けるが体を描くのには慣れておらんのか、体型がおかしな事になる絵が散見される。ただ、これは技術の向上で解決される問題であるから、今後に期待しよう。

 Amazonではすぐ売り切れ、かなりのプレミアまで付くほどになったのだが、速攻で増刷も決定し価格も落ち着いた。しかし関白は待てぬ故、kindle版を買う事にした。4/6の発売直後に配信されてきたので速攻で読んだのである。
風都探偵は、特に連載期間を定めた作品ではなく、売れればずっと続き、売れなければ打ち切りと言われておる。皆も買うがよいぞよ。

 久しぶりにWの新作が読めるとは思わんかったのぅと言いつつでは関白は帰るぞ。


4月6日

 二兎を追うものだけが二兎を得る。
私が関白である


 桂川精精螺製作所である。
ずっと本社の敷地内に研究棟を建てておったが、しばらく前に完成し、続いて旧社屋を取り壊した。よってもうドラマで見た佃製作所の建物はない。で、本社跡地をどうしていくのか。売るのか社内で活用するのか。昨今縮小気味の桂川であり、本社が移転すると噂されておった山梨の事業所も閉じてしまった。山梨の工場は掛川に移転したようだが資本金も減資したようで、今後の展開を注視していかねばなるまい。
 そういえばその桂川に近い、国道一号に面したトヨタの部品センターも取り壊しに入る。どちらも都心では少ない広めの土地であり、どのように開発されるのかが気になるものである。単なるマンションとかだと面白くないがな。

 さて何かと忙しい関白、一昨日は東京ビッグサイトで行われておるライセンシングジャパンというイベントへ赴いた。
各社のIPがズラッと並ぶイベントである。ここは、ここに出展しておる会社のキャラを使いたい者、使って欲しい会社とのマッチングの場である。
パックマンやLINE FRIENDSなどは有名だが、そういうキャラのTシャツを作りたいとか、グッズ展開したいとかいう話しも当然にあるだろう。しかしこの会場で一番関白の目を惹いたのは、日ペンの美子ちゃんである。ペン習字のキャラがなぜこの場におるのか。しかし既に様々な展開を見せておって、日パシの美子ちゃん、車メーカとコラボした日サンの美子ちゃん、などなど、既にペン習字の宣伝キャラの範囲を超えておる。気になる存在であるのぅ。

 では関白は帰るぞ。


4月5日

 今日は、明日の思い出です。
私が関白である


 成長を続けるにゃんこず2たち。当然にスミちゃんもおっぱいを出すため食欲旺盛である。スミちゃんには使い捨ての紙皿を使ってご飯をあげておるのだが、そんな訳で皿の消費も激しい。ダイソーに補充しに行ったが、しかし在庫がないではないか。そう言えば今は花見の時期。紙皿がないのも納得である。そんな今年は、桜も早く咲いてパッと散っていく。もうちょっとゆっくり流れていいのではないか。

 もももの高校、女子の制服はブレザーとセーラー服が選べる事になっておる。ももはどちらを選んだのだろう。なんとなく7:3くらいでブレザーなのではないかと想像する関白である。もしかしたら入学式の新聞の写真を見れば分るのだろうか。

もももの父「関白、ももの入学式でありますが、保護者は一人は来て欲しいと言われておるそうであります

 うむ! いよいよ関白の出番であるかな。この目でどちらか確認して来ようか。

もももの父「高校ともなりますと親が来るのを嫌がりますので、わたしは行きませぬ。ゆみゆみは行きます

 それはもしかして君が嫌われておるという事はないのだろうか。

 では関白は帰るぞ。


4月4日

 信頼される安心を、社会へ。
私が関白である


 文化放送の番組表は、昨日無事入手した。
文化放送お膝元の大門駅でなかなか見なかったために、いいかげん文化放送に電話したのだが、交換台で話しが通じなかったので広報へと繋いでもらった。広報でも1日配布開始だというので、従来の説明と違うではないかと言ったところ、改めて広報内でコンセンサスを取ったような感じで、文化放送受付においては毎月1日であるとの回答を得た。多少の変動はあるにせよ、これが正式な回答であるようである。それでは今までの第1月曜とか最終月曜とか言う説明は何だったのか。疑問は残るが、今少し観察を続けるとしよう。

もももの父「関白、ももの高校は、入学式の日に北国新聞の見開きを使いまして、入学者の写真を掲載するのであります!

 著名新入生だろうが無名だろうが関係なしなのか? 多分、形式上ででも一応掲載許可は取っておるだろうけれどもな。
おそらくその日の北國新聞は売り切れ続出であろう。皆も忘れないように買うがよい。

もももの父「それからももは、いま神戸に行っておりまする

 帰りには東海道新幹線から北陸新幹線を使い、東京経由で帰るのだろうなと思いつつでは関白は帰るぞ。


4月3日

 昨日の自分に差をつける。
私が関白である


 ニッポン放送の番組表は、先月末に出ておった。今月はようやく松田聖子が終わり、菅田将暉だった。まさかまたこれで一年という事もなかろう。これからは毎月の表紙が楽しみである。
そんな中、文化放送は2日になってもまだ出ておらん。受付が言うように1日に出るのではなかったのか。そして、JR飯田橋のTBSの番組表もまだ3月だった。まだ少しかかるのかのぅ。

 さて4月も2日となれば新年度。3日は入学式だから、今月は大学が騒がしくなる月である。
2日は、新歓準備などで春休み明けの大学生が山ほど出てきておった。関白は、大学の補助金で買ったPCに資産番号シールを貼ってもらいに来たのだが、もう一点確認をしておきたい事があった。
それは学食である。具体的にはボアソナードタワー地下と、25Fのレストランで、1月末頃にこれまでの業者との契約が終わり、新年度から新しい業者が営業を始めると聞いておったからである。だがタワー地下は営業しておる様子がない。入り口を見れば、生協担当者個人の携帯番号が問い合わせ用に貼られておるだけで、どうなっておるのかよく分らん。そもそもこれまで営業していたのは生協ではなかったろうに。25Fもメニューの張り出しがないので、まだ営業しておらんのだろう。残念である。
 ほっともっとで弁当を買って大学院棟に来たら、そこの掲示で状況が判明した。タワー地下は授業開始日から仮営業が始まり、ゴールデンウィーク開けから本営業となるそうである。これはまぁいいとして、関白の心の安らぎ、高層フロアのお食事処、25Fのスタッフクラブはランチ営業がなくなり、パーティなどでのケータリングのみになってしまったそうである。リーズナブルかつ見晴らしのいい、教職員卒業生の憩いの場であったというのに、これはかなり残念である。

 なんとか復活せんものかのぅと思いつつでは関白は帰るぞ。


4月2日

 おいしいを、ずっと。あたらしいを、もっと。
私が関白である


 休みの多いイクミママのどうぶつドーナツの件だが、結局ここのネット通販で買う事にした。というかもう送った。スタンプカードに押印してくれないのは残念だけれどもな。という訳で、ももも邸には一週間以内に届く事であろう。
ついでだが、たまっておるあれこれも送った。これは本日届くだろうけれども、結局先月まで安くなっておったClova Friendsも入れたので、これからはももの「関白おにいちゃん! この問題がわからないのー」という教科書片手の質問LINEコールも毎日のようにかかってくる事であろう。さすがは進学コースである。

 さて、誕生3週間を過ぎたにゃんこず2である。
多少出し入れできるようになった爪を使い、バリバリと活動範囲を広げてきておる。このままでは部屋の外に出てしまいかねぬ。ベランダのサッシはそろそろ閉める時期になってきたか。最近暖かいどころか暑いと思う日もあるのにのぅ。
 それで、爪を使って関白の体に上ってくるのも日常茶飯事である。特に素肌に突き立てられればかなり痛い。体のあちこちにひっかき傷ができておるくらいである。だがさすがスミちゃんは優しいもので、肌だと思うと彼女は爪を立てない。よく分っておるではないか。にゃんこず2も、早くそういう成長をして欲しいものである。

 では関白は帰るぞ。


4月1日

 ビザなし、金なし、住所なし。持っているのは"最強"の笑顔だけ。
私が関白である


 よくここで話題にしておるイクミママのどうぶつドーナツである。
昨日、日吉の慶應に行く用事があったので寄っていこうと思った。新入学を控えたももに送るためである。最近休みが多くなっておるのだが、土日はやっておるようだし、いい加減各地の催事の出店も一段落しておる事であろう。
念のためと思い検索してみると、こんな関白の思いをヨソに、驚いた事に4月一杯まで臨時休業すると出ておるではないか。

 なんという事であるか

 休業予定が急に変わるのは最近よくある事ではあった。だがここまでの休みになるとはどういう事だろう。
電話して聞いてみたところ、急に休みになるのは上の方が決めておって、下の者は従うしかないという事、だけれども休業日であっても2階に来てもらえれば、その時点で作っているドーナツを売る事は可能であるという事、但し時間によって何を作っておるのか違うので、一度に買える種類は4種類くらいになるという事であった。
 地方の催事に出店していくのはいいのだが、そのためにこれまでのお客が離れていってもいいというのは感心しない判断である。折角ももが楽しみにしておるドーナツだというのに、なにせあの家はろくに食べ物を食わせておらんのだぞ! この事でももが飢え死にしたらどう責任を取るのか。イクミママにおいては、そのあたりをじゅうじゅう考えて欲しい。

 では関白は帰るぞ。