title

以前の一言はこちら→ older


Q&A RECORDS トップページへ



to_kanpaku



どの日に突っ込む? 突っ込みの言葉



■ 2021年 先月 来月→

4月4日

 育てよう!笑顔と自然と文化のまちを まもり・そだて・つたえよう 人・自然・文化のかがやき。
私が関白である


 年度替わりは何があるか。3月末に、地元の駅に携帯用充電バッテリー貸出機が置かれるようになった。小さな駅にこのようなものが置かれるのは珍しいと思っておったが、東急の謎サービス"TuyTuy"に参加しておるからのようである。
TuyTuyは、世の中にあるニッチなサービスをお試しで使えるサービスらしい。関白も東急の定期を持っておるからして登録したが、無料期間の間で月会費の価値があるかどうか見てみよう。

 さて最近関白多忙につき、体重が減ってきておる。ベルトの穴からすると2つほど縮んだ。ますますスマートになってきておる訳だが、逆にある面ではこれが悪い事もある。どういう事かというと、BMI30以上の者はCOVID-19のワクチンを優先的に打ってくれるらしいのである。関白の身長は180cmだからBMIで言うと20くらいであり、ワクチンを早期に打ってくれる30にはまだまだ遠い。もももの父くらいになれば、ワクチンの方から打ちに来てくれるかも知れんけどな。

 では関白は帰るぞ。


4月3日

 市民が創るふれあいのまち-活力とみどりゆたかな文化福祉都市。
私が関白である


 年度替わりである。何やら有給というものは年度内に使わなければならない日数というものが決まっておるようで、ほぼ有給を使っておらん関白は、やむなく年度内に、最低限使わんといかん日数まで使う事にした。年度末は入試予定がズレたりして有給の届けでバタバタし、「タイムカードが押されてない日が有給である」と管理に伝えて対応してもらったくらいである。
しかしどのみち何かあればその対応のために仕事をする訳で、有給を取っている日に仕事場におるという事も珍しくない。いっそ有給を買い取ってくれたらそれでもいいのだけれども、昔はともかく今では違法なのらしい。
そして4月になり、今年度は11日の有給が付与された。繰り越されてきた5日と合わせて16日の有給がある事になる。休日出勤もあるだろうからその代休もあり、今年度も結構残りそうな気がするな。

 さて、先日書いた文化庁の文化芸術活動の継続支援事業であるが、それに通ったという者がおった。参考までにそのページを貼っておこう。

 では関白は帰るぞ。


4月2日

 住んでよいまち 訪ねてよいまち かんぱく 次代を担う子どもたちのふるさと・緑花清流による関白の創生。
私が関白である


 TBSの番組表が明治にあるなら明治大学に行ってみよう。場所は12号館の地下である。なくなっておったらどうしようと思ったが、TBSの番組表はその隅のラックにたくさんあった。で、「情報雑誌」というよりはA3に印刷し折りたたんだもので、雑誌と言うよりはチラシといった方が近い。多くの大学に配る事になった分、一部一部がチープになっておる気がする。
ともかくこれで、リニューアルしたTBS番組表も安定して手に入りそうな見通しが付いた。もももの父もにっこりであろう。

 しかし大学もコロナ対策で、部外者は入れない事も多い。法政は学生証や職員証を入り口に置いた機械に通さないといけないし、それを見ておる警備員もおる。明治も同じような装置が置いてあったが、そこが困難なポイントと言えばそうだろう。しかし不可能を可能にするのが関白なのである。

 さて、知らぬうちに4月になった。なんか長い3月だったような気もする。4月になると、東急多摩川線で行われておった、2007年からの多摩川アートラインプロジェクトの各種オブジェ類がとうとう撤去された。矢口だと樹脂に固められた木の椅子だったが、これがなくなった。一応椅子としても使えるものなので、なくなったらちょっと困る。代わりにベンチか何か置いて欲しいのだが。

 では関白は帰るぞ。


4月1日

 ひとにやさしく 環境と調和し 誇りに満ちた創造のまち。
私が関白である


 赤坂本社にはTBSショップがあり、以前はそこでも番組表を配布しておった。そこはどうなった?

TBS「そちらも4月にリニューアルしまして、置かなくなりましてございます

 残念な事である。しかし若者がラジオを聴かなくなったように思っておったこの令和の時代、TBSはそこに切り込んでいこうという考えなのか。

 いずれにしても、TBSの番組表の入手難易度はぐっと上がった。番組表が置かれる大学一覧の中で、一番関白が行きやすいのは飯田橋の東京理科大である。法政大学の最寄りであるから、定期で行けるのでな。次はお茶の水の明治大学かな。面白いのは専門学校には置かないと言い切られた事である。出入りする学生の年代は変わらないのになぜ扱いが違うのか。
逆に、大学側が番組表を置いてくれと言ったら置いてくれるのか。それを聞いたら配置を担当している会社があるようで、そこに聞かないと分からないと言われた。学内の調整が面倒な気がするのでそれは諦めようと思うけれども、TBSラジオfanという制度もある。TBSを応援する施設に、TBSが番組表を最低50部から送ってくれるというもので、こちらの方がいいかも知れんな。

 では関白は帰るぞ。